猫の殺処分5年連続ゼロ 千代田区とボランティアが協力し里親さがし

譲渡会で新しい飼い主との出会いを待つ猫たち

 飼い主のいない猫の殺処分ゼロを、東京都千代田区と一般社団法人「ちよだニャンとなる会」が全国に先駆けて2011年度から5年連続で実現している。区とボランティアの連携が、猫を殺処分から救っている。
【写真特集】「みんなイヌ、みんなネコ」
 94日午後、千代田区役所の会議室で「猫の譲渡会」が開かれた。ニャンとなる会が区内で保護した猫の新たな飼い主を見つける出会いの場だ。共催する区が会場を提供し、千代田保健所職員も参加した。
 生後3カ月~10歳ほどの猫13頭が布をかけたおりの中で、体を丸めたり、鳴き声をあげたり。リボンで飾られた猫も。来場した家族連れやお年寄りらが、「かわいいね」と気に入った猫に見入った。
 それぞれの猫の脇にはプロフィルのボードが立つ。 保護や譲渡など会の活動はボランティア約50人が担う。運営費は約600人の寄付で支えられている。

 去勢・不妊手術、ウイルス検査、ワクチン接種、のみやダニの駆除費用は区の助成でほぼ賄えるという。
「殺処分ゼロの実現は行政が本気で一緒に取り組んでくれることが大きい」と古川尚美代表理事(52)。他地域のボランティアは、動物を持ち込める譲渡会場をさがすのに苦労し、自治体の助成制度が不十分で手術費などの自己負担が膨らみ、活動に行き詰まることも多いという。

 都動物愛護相談センター(保健所政令市の八王子市、町田市は管轄外)が14年度に殺処分した猫は927頭にのぼる。千代田区内で見つかった猫については、区の要請で区側に連絡し、対応を任せている。
 区が飼い主のいない猫の去勢・不妊手術費の助成を始めたのは2000年度。同センターには01年度、区内から72頭が持ち込まれたが、04年度に40頭、09年度に14頭、10年度に3頭と減り、11年度にゼロを達成した。
11
年の東日本大震災も転機だった。同会と区は手術を受けた猫を捕獲した場所に「地域猫」として戻してきた。だが大震災で飼い主を失った東北の猫のために譲渡会を開いたのを機に、譲渡会での飼い主さがしにも力を入れる。計14回の開催で157頭が新しい飼い主に引き取られた。
 譲渡会に立ち寄った石川雅己区長は「飼い主のいない猫の保護と殺処分ゼロは住環境の向上と、動物愛護・共生への取り組み。ボランティアとの協働で成果が出ている」と顔をほころばせた。古川代表理事は「他の自治体にもノウハウを広げたい」と話した。

猫の殺処分5年連続ゼロ 千代田区とボランティアが協力し里親さがし

千代田区などが開いた「猫の譲渡会」

<全国の殺処分の現状>
 環境省によると、2014年度に全国で自治体に引き取られた猫は約98千頭。約53千頭の犬の2倍近い。そのうちの8割が殺処分された(犬は4割)。ただ、犬猫を合わせた殺処分される割合は67%で、9割台半ばだった10年前の04年度より大きく減った。
sippo(朝日新聞社)



[PR]
# by neko3939h | 2016-09-25 13:25 |  What’s New

会のイベント

開催予定です。
  明日 24日(土) 楽市フリーマーケット  
モリシア広場にて 10:00~

 (当日 8:00の時点で雨天の場合は中止となります。)
  予報では曇り・午後3時から雨予報なので早めに閉店になる見込み
  11:30から「しのはら あみ」ステージにて6曲歌ってくれますのでお越しください。
       ねこの歌 気づいて欲しい
       愛 おぼえていますか (マクロス)
       習志野ソング
       プラット ホーム
       糸
       365日の紙飛行機

9:00時点でフリーマーケット中止となりました!

今後のイベント予定  

 10月8日(土)  定例会 サンロード5階 10:00~
 10月11日(火) イオン幸せの黄色いレシートの日
 10月29日(土) フリーマーケットモリシア 10:00~
b0344486_08350275.jpg



     
    

[PR]
# by neko3939h | 2016-09-23 08:35 | イベント情報 定例会

先日 会の顧問 佐野正人市議会議員さんが「飼い主のいないねことの共生」と題して、
現行の習志野市不妊手術費助成金の状況やあり方についていろいろと、一般質問をして頂きました。
現状で使う市民の困難を訴えていただき、ボランティアの私達へも力強い質問でした。
他質問も分かりやすく、的確さに添っていました。頑張って頂き感謝申し上げます。

これから少しずつ行政が改善して頂き、ノラねこの繁殖を人によって防ぐ事ができればと思います。
産まれて育つ子猫は少ないです。事故死・カラス・雨に打たれ暑さ寒さを耐えなければならない苦悩。
殺処分される子も・・・辛い現実を見てください。
また、税金を使うありがたさが感じられる助成金であって欲しいと思いました。

会では6月から9月にかけて、オス 17匹 メス19匹  合計36匹を 各地域でTNRいたしました。
19匹メスの内 妊娠していたねこは10匹もいました。
また、会で保護した子ねこは10匹のみ。保護できなかった子猫が多くはいましたが、相談者の中には見つけた子猫を保護し飼っていただいた方も多くいらっしゃいました。

助成金使用は20匹 他はそれぞれがエサをやっていただいている方の自費と、会からの援助金もお出ししました。ただ、30匹申請して捕獲できたのが20匹です。
それほど捕獲は難しいです。市助成金額を満額使用する事なんて無理です。
それなら・・・1匹あたりの助成額をあげていただければいいのではと・・思います。


この子も妊娠していた子でしたが、元気に手術を終え帰ってきました。
すこやかに穏やかに暮してくれるでしょう。
b0344486_09512951.jpg



[PR]
# by neko3939h | 2016-09-17 09:53 |  What’s New

1度トライアルに出しましたが、鼻先のカビで治療 その後、兄弟と遊んでいる中瞼損傷し、ようやく綺麗に戻りました。最近は潜伏場所から出てきてはお腹を見せて甘えてきてます。4か月ですが小さ目な子です。
生後4か月 メス ワクチン2回接種済 「美人さんになったね」

お問い合わせは・・・me1574ma@yahoo.co.jp
b0344486_09032709.jpg
b0344486_09042931.jpg
お兄ちゃんの「わんこ」は出戻りで、家中を走り回っては、先住ねこの出ないおっぱいをチュウチュウ吸ってます。「困ったもんだ」

[PR]
# by neko3939h | 2016-09-14 09:07 | 里親募集中

b0344486_14273344.jpg

最近 後をたたないのが、「親猫が子猫を連れてきたので何とかしてあげたいのですが・・」という相談です。
会ではまず、親猫を捕獲し避妊をお勧めします。捕獲に関してのお手伝いはしています。
子猫は保護できれば預かりさんをさがして里親を見つける手段ですが、会での保護はいたしてませんので、エサやりの方に依存です。

やっぱりそういう事態になる予感は昨年からありました。地球温暖化の影響でしょうか?年3回の出産は紛れもない現実です。
各地域で捕獲を行っているのですが、メスねこの大半はすでに妊娠していました。
メスねこにエサをやっている方 早く避妊手術を施してください。(子猫が2か月になれば親猫の避妊はできます。)

こんなにたくさんのねこが生まれています。習志野市はどうみているのでしょうか。
1,2年後 ねこがあふれてたいへんな事態になると思います。
行政からの手術費捻出をお願いします。皆さんが困っているのです。
皆で訴えましょう市に。

会員へ
9月10日(土) 定例会があります。



[PR]
# by neko3939h | 2016-09-03 14:53 | 地域ねこTNR活動