まちねこ習志野

フリマとみん街レポート

11月2日、3日はサンロード津田沼「みん街」市民活動団体パネル展に参加
会員が交代で会の活動説明・里親募集・寄付金のお願いをいたしました。

2日・・午前中映画、午後からはイベントが盛りだくさんで音楽もあり、とても活動説明等はできない状態。来年もこの状態なら場所の移動をお願いしたい。アンケートには本当にイベントが必要だったのか考えていただきたいとした。

3日・・「ナラシドくん」ピンバッチの売れ行きよく、頑張ってくれましたね。

3日は実籾ふるさとまつりにてフリマを行い、里親募集と寄付金もお願いしてみました。ねこちゃんのパネルに足を止めてくれた方が多くあり、お話をすると多くは相談でした。「家の近くにエサをやっている人がいて、子猫も生まれ数も増えている。どうにかならないでしょうか。」ねこを飼っている方がほとんどで、やはり気になるのですね。外ねこも幸せになって欲しいと。
さて、会ではどう対応しましょうか。今後の課題です。
一応、地域ねこ活動パンフレットをお渡しし、活動の流れを読んでいただく事としました。
里親さんの希望が2人ありましたが、小さな子猫は居なく、1歳以上の子達なのでおすすめも難しかったです。是非、会員の地域にちびたんがいたら捕獲して里親探ししてあげましょう。フリマは絶好の場所です。

ねこがあふれている場所での地域ねこ活動には・・・
エサやりさんの協力が不可欠 (エサをやり続けていただけること)
資金を出し合える協力者が最低3名はいる。
捕獲協力者
子猫を一時預かりしていただける方がいる。
車で病院移動できる方がいる。
会員になると1部補助はできそう(フリマ・寄付金をあてる)
子猫里親探しのお手伝いはできます。
地域担当の会員にご相談をお願いいたします。


[PR]
<< 里親募集中 秋津団地のチマちゃん 東習志野活動報告11・4 >>