まちねこ習志野

地域ねこ活動を知っていますか①

昨年9月頃 飼い主が夜逃げして置き去りにされたネコをエサやりから保護し、不妊手術(避妊・去勢)を行い、シェルターで保護活動をされている方たちがいらっしらると聞いて、会員3名で見学に行かせていただきました。
当初20匹 3匹は里親さんへ 1匹トライアル中 1匹は治療中でボランティア宅にて預かり、 シエルターには15匹が保護されて居ました。

 新しい飼い主さんを待っています。元飼い猫なので人によく慣れています。
 下記 HPで個々のねこの様子が詳しく見られます。よろしくお願いします。
習志野置き去りネコHP
b0344486_08304517.jpg
依頼をしたのは保健所です。行政さん ボランテイァばかりに押し付けないで、もっと手を差し伸べてあげてください!! なんのための3者協働の「地域ねこ活動」なのですか。

私達はできる範囲で手助けをしたいです。

ご近所で不妊手術もしないでねこが繁殖しているお家があったら・・
苦情を入れましょう・・・「手術してください。」と
保健所にも苦情を入れましょう・・・「あのお家に行政指導をいれてください。」
繁殖している場所が減らない限り、習志野の飼い主のいないネコたちは減らないのです。減らしてもまた、元の頭数になっていく。

[PR]
<< 里親に出す心境の複雑さ いつもネコにかかわっている日常で >>