まちねこ習志野

地域ねこ活動を知っていますか②

寒い 寒いと言っていたら日中は3月頃の日差しが出始め暖かくなりました。
そうなると・・出てきました 少し大きくなった子猫たちです。
b0344486_10472698.jpg

ここは神社の境内 エサを貰っているお家の裏になる。
毎日の散歩コースで、時おり大きなねこを見かけていた。
3度となく来訪するが返事なく、お留守のようなそうでないような??
地域ねこ活動のパンフレットを入れるが・・これも入らないので押し込む。
近所の方々に状況を聞いてみた。
長年 飼っているのではなく可哀想だからエサを与えていると・・
だいたいの場合はこんな感じ。
エサを与えていただくのはありがたいが、増えてますよ!絶対増えてますって!
この子達はまた、車にひかれたり、大きくなるとえさ場を追われ別の場所へと移動せざるを得ない。そうそう、500m内の住宅地へ。
1か月前に近所で白黒成猫が亡くなっていたので市へ電話した。
ほら、見てごらんなさいよ!あの奥に居る白黒ちゃんの柄に似てるもの。この子のママだったとしたら悲しい!

エサやりさん エサばっかり与えないでください。
どうか不幸なねこを作らないでください。
避妊・去勢手術をしてあげてください。

また、根気よく来訪して「地域ねこ活動」を理解していただき、不妊のお手伝いをいたしましょう。

「番外編」 東習志野担当の会員がこのような同じ場所を手助けして、エサやりさんのお宅のねこの不妊手術に奮闘しています。後日 参考として取材させていただきます。


[PR]
<< 定例会 2.14 習志野市② >>