まちねこ習志野

地域ねこ活動を知っていますか③続編

日中は本当に暖かくなりました。外暮らしのねこ達にとっては、極寒を生き抜いた暖かな陽だまりでしょうか。
b0344486_20150417.jpg
  「おばちゃん 早く戸を開けてお昼ご飯くれないかな。はやく~ぅ」

エサやりさんのお家を何回か訪れお話しをすると、うちとけてくる。
好意的に対応していただき、今日は2人のえさやりさんから資金ご協力の申し入れを受け入れていただいた。えさやりさんの協力から町会の協力へと話を進めやすくなる。家庭の事情もかいま見られたが、後期高齢のおばあちゃんは亡くなられたダンナさんと過ごした思い出の中にはいつもねこが居て、楽しそうにいろんな話をしてくれた。そして、現在は家中で3匹のねこと暮らす。「寂しくないよ あの子達がいるもの」「いろんな性格がいて不思議なんだよ。」
元気の源は、ねこを愛し 慈しみ 幸せそうな日向ぼっこを見たり、丸くなって寝ている姿を微笑ましくながめる事なんだろうと思う。
玄関先に積まれた「ねこ缶」がすべてを物語っていた。


[PR]
<< 地域ねこ活動を知っていますか③... 猫たちの戦争 >>