まちねこ習志野

neko3939h.exblog.jp
ブログトップ

飼い主のいないねこ達はどう生きればいいの。

TNR活動をしている中でよく言われるのが、「リターンしないで何処かに持って行ってください。」である。ねこ嫌いの方にとっては、ウロウロしているねこが目障りなのである。自分の場所だけが良ければいい、身勝手な人間の考えのような気がする。
不妊手術しましたので尿臭も少なくなり、トイレも設置しました。ねこ達は年々自然に少なくなると思いますから、バンバンとたたかないでください!何度も言いましたよね。改善されていきますから長い目で見守ってくださいと。
犬やねこは愛護動物です。
あなたは、そんな姿を子供達に見せられますか?

「汚いから嫌だ」「野良猫なんかいなくなればいいのに。」・・
ねこを汚くしたのは誰なの 他の人間ではないのか。野良になりたくてなったのでは無いと思います。飼っていて捨てたのはだれなのか。
生きるためにこの子達はエサを求めている。人間が与えないとありつけないエサに・・
餓死や病死そして道路での事故死、そんな中で飼い主のいないねこ達は生きているのですよ。


昨年 4か月くらいで保護しその後、里親さんの元へ今はこんなに大きくなりました。2匹入れたイチゴハウスがつぶれる位に大きくなりましたね。
この子達も飢えに耐えていた。あの時の厳しいまなざしは忘れません。
穏やかな生活を作っていただいた里親さん 御嬢さんありがとう!!
b0344486_16523761.jpg

4月15日 習志野市広報誌に、「地域ねこ活動について」の記事が掲載されますのでご覧ください。



[PR]
by neko3939h | 2015-04-04 17:47 | 地域ねこTNR活動