習志野広報4月15日号に地域猫活動啓発記事掲載

b0344486_20583901.jpg
b0344486_20571438.jpg



習志野市には、愛護動物を受け付ける窓口は基本的には、「ありません」狂犬病の注射の窓口を担当している環境部が、暫定的に、「しかたなく」対応している現状です。
 
 習志野保健所が正式な愛護動物に関する相談窓口となっておりますが、愛護動物の担当者は、なぜか? 気のせいか? 担当は1年で移動になってしまいます。

 私も、習志野保健所に、約6年間お世話になっておりますが、慣れたころ担当が変わると色々な面で、・・・・・・・・市議会議員では、なかなか県の行政の方は相手にしていただけないので、今度県会議員に相談しようと思うのですが、なかなか親身になって相談にのってくれる人はみあたらないですね・・・・・今度習志野市から県議会議員に立候補している「斎藤賢治」さんなら、県議会議員になっていただいたら、私の友人ですし、親身になって相談にのっていただけるとおもうのですが・・・・・やっぱり動物愛護に関する相談は、習志野市⇔千葉県⇔国、の政治的なパイプが必要だと私はおもいます。

 私が、約6年間政治生命を賭けて、愛護動物に関する市民の相談や要望を行政に繰り返し推進して、猫の不妊・去勢助成金の復活や受け付け期間の改善等を実現しました。

 また、習志野市議会議員として、習志野市・保健所との実績と信頼関係を、一歩、一歩深めるなかで、今回三年前からの目標であった習志野広報掲載については、平成27年4月15日発行に、習志野保健所と習志野市環境部に、行政と事前協議を進めた上で、議場で繰り返し要望し、千葉県や環境省が推奨している「地域猫活動」の啓発記事を掲載する事についても決定していただきました。
 
 また、浦安市では、動物愛護精神と命を大切にする心を広く市民の方に育んでいただき、人と動物とのよりよい共生社会を形成することを目的として、動物愛護の碑を設置しております。

 家族の一員としてともに過ごした犬や猫などのペットや事故や災害などで亡くなった動物たちに対し、安らかに眠ってほしいと祈る場所としてご利用しております。

 習志野市にも、ペットの火葬場と慰霊碑を設置していただくように、引き続き市議会議員として議場で要望して行く所存でおりますので、市民の皆様のご支援よろしくお願いいたします。

設置場所:斎場隣り仮称臨海公園内(浦安市千鳥15番地4)

動物愛護の碑


[PR]
by neko3939h | 2015-04-06 09:44 | 杉山和春習志野市議会