まちねこ習志野

ねこの習性とは

温かくなると多くの動物活動を見かけるようになる。
そんな折に、ねこがネズミを捕まえてきた事を知らないでリビングで過ごした数日間。
コタツの四隅にねこカリカリが積んである。
ねこが食べ残したのかと思っていたら、次の日にも四隅に積み上げられたエサ。
その内、気が付いたねこがコタツの中のネズミを追いかけた。
カーテンの隙間に身を隠し、難を逃れたが・・またしても捕まってしまった。
それから、人間とねことネズミのバトルが繰り広げられ、元の場所の畑へと帰った。
数日間 我が家のペットが3匹になっていた。

はるか奈良時代に法典を守るために中国から来たねこは、穀物苗を荒らすネズミを捕まえて「苗を守る野獣」から漢字の「猫」となった。
ねこがネズミを追いかける習性は納得。



それにしてもこの茶ねこの「る~たん」はバッタを食べて育っていたので、夏になるとバッタばかりを捕まえてくる。それで、外ねこなので里親さんに渡せなかった経緯も。
b0344486_22500189.jpg

ねこの習性も人間同様に「三つ子の魂百まで」




[PR]
<< つぶらな瞳に母親の愛を感じた 地域ねこ活動を知っていますか③... >>