まちねこ習志野

活動経過


ふじさきは、4匹の不妊手術が終わり、お目当てのメスは古巣へ帰りました。
残り1匹ですが手にけがをしているので様子見となり、
一応終了致しました。

さぎぬまは、連夜捕獲を試みたメスは用心深く、慣らさせての捕獲となります。
オス2匹を不妊手術しました。残り4匹のオスは11月に捕獲予定です。

ひがしならは、残りオス1匹ですね。

おおくぼは、これから11月申請して6匹捕獲予定 現在 エサやりさんに慣らしていただいてます。

ご相談の中の1つに、エサやりを数か月やっていたがご近所からの苦情があり保健所に引き取っていただけないかと電話し、断られたかたからと会に相談がありました。会に引き取って欲しいのでしょうか?
私達は愛護団体ではないので引き取りはできません。

庭に残ったねこは・・・お話しの内容では不妊手術をして、エサやりを続けるお気持ちは無いようです。やはり会としてのご返事は、「エサをやらないでください。」のご返答です。
この子達は、また何処かへエサを求めて移動するでしょう。ママが時折顔をだしていたエサ場へ来ることを願ってやみません。誰かいい人が、やってくれることも願っています。

エサをやっている方には、責任を持って不妊手術をしていただきたい。もう現在の環境を考えれば義務だと思います。私は「条件つきのエサやり禁止条例」は反対ではありません。
きちんと管理され、えさやりをしている方はたくさんいます。
b0344486_10262969.jpg
この子は、時おり訪れる場所にある門燈あたりにいつも鎮座しています。
こんな風にお気に入りの場所を見つけて1日を過ごし、
通りすがりの人になでなでしてもらっている。
昔からの優しい風景であったはず。

10日の定例会で、習志野市各地域の「地域ねこ活動」概要をお知らせいたしました。
その時に℡やメールでの相談内容についてもお話ししました。

ようやく気付かれたようですね。地域住民任せだと繁殖に至っていると・・
ボランティアが先だってTNRをしたら「地域住民に示しがつかない」と言われていたボランティアさんが、最近 率先して2か所で捕獲されていると聞きました。すばらしい事だと思います。頑張ってください。



会員各位へ

24日(土)フリマ開催です。
参加できる方はお手伝いをお願いいたします。
  10:00から モリシア広場 いつもの場所へ
  物品お持ちの方は追加お願いいたします。
  譲渡会 今回なし


[PR]
<< フリーマーケット開催お知らせ 里親さん見学に >>