まちねこ習志野

どうぶつ基金さんからの活動報告書

協働にさせていただいているどうぶつ基金さまから2015年度 活動報告書が来ました。
その中にとてもよい内容が書かれたあったので抜粋して掲載させていただきます。

H26年度 殺処分数は減少し いぬ約2万頭 ねこ約8万頭 合計10万頭まで減少しました。
(環境省公表)
H25年からだと21%減少したそうです。
1988年ごろは100万頭だった事を思えば、10分の1まで減少できたのは・・・
里親探しや不妊手術をコツコツと行ってきた、名もなき人達の行動力と利他の心です
現代社会の片隅にある地獄のような惨状を目にしたとき、自らのことをさし置いて、救いの手を差し伸べるのは、名もなき1個人の皆様の温かい心です。そして、差し伸べられた救いの手はどうぶつだけではなく、自分では対処できない状態になって悲鳴を上げる人達も救いだしています。

このように・・
どうぶつ基金さんは殺処分ゼロ実現に向けて実践され、H27年度は8000頭のねこをTNRされました。
そしてもう1つ・・
さくらねこTNRは すぐやる(即行) 全部やる(徹底) 続ける(継続)の言葉でした。
     
b0344486_20074060.jpg
公益財団法人どうぶつ基金 資料から  耳カット(さくらねこ)


私達会も、TNR地域ねこ活動を通して、繁殖を防止し、ノラねこに関わる苦情、殺処分の減少につながるように活動してゆきたいと痛感いたしました。

11日は定例会でした。参加会員の皆様ご苦労さまでした。
習志野市不妊手術費助成金申請状況確認し、各地域で現れた子猫の状況も確認しました。
たくさんの相談も出始めました。できるだけの対処を各地域の会員にお願いしているところです。
相談内容はいろいろです。地域ねこ活動の理論をお知らせするのも必要な事ですが、相談者が困っているのは今というこの現状なのです。気づいていただいたのだから、行動しましょう。その中にきっと解決策は見つかってくるものです。
来週には捕獲も始まります015.gif 里親探しも始めます 029.gif そして、子猫の声が聞こえてきた時期に新たな親も見つかりましたね。申請していないし・・・

皆様の温かいお心を、飼い主のいない猫たちにいただけると助かりますので、
よろしくお願いいたします。




[PR]
<< やはりこの春は出産ラッシュでした。 「シャー」から保護したらみるみ... >>