まちねこ習志野

TNR活動の必要性を


2月下旬から繁殖時期になります。各地域担当会員から、「メスを追いかけている」「オスの移動が多くなった」等の相談がきています。できるだけ、妊娠するまでにTNRを計画していただけると夏に子猫の出没が少なくなります。毎年ですが、市民の方からの相談は「庭に子猫が現れた」という5月以降に集中しています。

産まれた子ねこは可愛いですが、4匹生まれても外ねこで生きていく子ねこは1匹位でしょうか。交通事故・カラスに追われる・餓死・飼育放棄などのリスク 悲惨な現状を目の当たりにした昨年も1昨年も・・・
今年だけは無くしていきたい。

昨年夏に生まれた子 この位になるとこの場所で暮らす生活が定着してきました。少し慣れてきたので捕獲計画を地域担当会員がしてくれました。
b0344486_08010598.jpg



他にも、「少し大きくなった子ねこが、家近くに現れた」という相談も各自ありましたが、
それぞれ慣らしていただき内に入れて頂きました。
外ねこですが、人が愛情を示すとどんどん受け入れてくれ、「こんなに可愛いねこだったのか」と思う程、
心を許し人に癒しを与えてくれます。
一時預かりの後、里親募集もありですね。


お知らせ

3月11日(土)東日本大震災イベントのため、イオン黄色いレシート日はありません。
4月10・11日の2日間に変更されます。

4月1日広報習志野に、飼い主のいないねこに対する市不妊手術費助成金の詳細内容が掲載されますので、是非ごらんください。



会員へ
11日定例会あります。
3月中の捕獲に関しては、協会の助成申請を使用してください。内容及び書類は相談ください。
後は、習志野市助成金を申請し使用ください。






[PR]
<< 場所に合った方法でTNR活動を。 新たなねこが顔を出しています。 >>