まちねこ習志野

neko3939h.exblog.jp
ブログトップ

「エサやり禁止」を掲げても解決した場所はない。

TNR活動中、子猫が見つかったとの知らせで、調査に行きました。
母ねこが授乳中 ママはまだ1歳くらいの三毛ねこ 子猫は目がハッキリ開かない月齢でした。
もう少し 授乳が必要と判断し、1週間様子を見ていただくことにしました。
移動しなければいいのですが・・。
b0344486_21502824.jpg


団地の掲示板にこんなポスターが貼られていました。

b0344486_21504733.jpg

ねこ嫌いな方の苦情による対処でしょうが・・・「エサやり禁止」でねこがいなくはならないでしょう。
迷惑に思っているのなら、県・市も推奨している地域ねこ活動によるTNRを住民皆さんでおこなって欲しいものです。
ここに住む悪い住民が捨てたねこ・置き去りにされたねこに、人情ある人や優しい人がエサを与えているのです。地域に住むねこに罪はないと思います。
だた、エサを与えている方は、占有者として増えない努力をしていただきたい。これは責任です。
ねこは犬と同様に「愛護動物」です。動物愛護管理法で守られています。
給餌の禁止は虐待に値すると思います。

人が手を施さないから・・・・
生まれたこの子猫達に罪はありますか? 

エサを与えない罰をあたえますか?

先日 4匹出産し授乳を終えた母ねこをやっと捕獲する事ができました。不妊手術後は穏やかに暮してくれる事を望みます。
[PR]
by neko3939h | 2017-05-15 21:52 | 地域ねこTNR活動