まちねこ習志野

neko3939h.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:不思議なネコのお話( 29 )

ちーこのトリミング

b0344486_21575370.jpg
メス ちーこ 外ねこ13歳か・・ 出産回数は数えきれない位 現在は毛も短くツルツル。
昨年 ようやくTNRしました。
今回は地域会員が1か月かかって保護し、口内炎治療とガビバビになった毛をトリミングしていただきました。A動物病院さん有難うございました。高齢と外ねこさんなので口内炎のサプリメントをいただいたようですね。この子にはたくさんのねこ物語があったようです。

たくさんの子供達の特徴は美形と、口元のアクセント、それと可愛い癖は受け継がれていて・・・
コテッ~と体を倒してお腹を見せる事 それが何とも可愛くて、よく多くの里親さんから聞いていました。もう少し・・頑張って生きてね。可愛いちーこ。

お家に入れたのですが、すぐに外に出て自由を満喫したようですょ。

[PR]
by neko3939h | 2017-05-02 22:15 | 不思議なネコのお話

ねこの事情と供養

年末年始にかけて6日間も倉庫に入ったきり出てこなかったねこが、ようやく出て来てくれた。
倉庫のシヤッターの向こう側で鳴く声がする。そう聞いたのは3日だったが、何回開けても出てこなかった。
それでも気になり出かけてみたら、臆病なあのねこの姿をやっと見かけた。
4時間ねばって出て来てくれた姿は意外にも元気だったが、お腹はぺったんこだった。
ねこは1週間飲まず食わずでも生きている・・・正にそのとうりだったのである。
地域の方いろんな方に心配されて、見守りされて、この子は外ねこだがそれなりに幸せだと思う。

数か所で昨年は亡くなったねこがいた。子猫も、何年も見続けていた子も、昨日まで元気だった子も・・
習志野市には「保護指導センター」も 「常駐の譲渡会場」も「動物合同供養慰霊」も無い。
まさしく 日本人は人を助けるのに どうして動物は助けないの その言葉がぴったりである。

たびたび神社にはお参りしているが、
私が関与したねこ達を供養したあげるために「お地蔵様」を。
  2016年に亡くなったねこちゃん安らかに。
b0344486_22121054.jpg
動物は人と違って余計な「我」が無いという。転生は早く魂は生き通す。
安心させてあげること。
感謝すること。
思い出してあげること。・・・たくさんの愛情も癒しもねこは人に与えてくれた。





[PR]
by neko3939h | 2017-01-07 22:35 | 不思議なネコのお話

不思議なねこのお話し8月

NEW!! ★一匹猫★ メアリーさんが担当する地区でTNR活動の真っ最中、可愛い三匹の子猫を捕獲した。里親探しをする前提で、一時的に家の中に取り込んだのですが、三猫三様、やんちゃで暴れん坊で、メスは想像どおり、というか、相当用心深い。それがお兄ちゃん二匹に影響を与えて、結果、三匹みんな用心深くなってしまった。一か月経ってやっと人に抱かれるようになりましたが。当面の問題は、その子たちの寝床をどうするかでした。家は先住の黒猫、茶猫がすでに占拠している。新しい子猫など受け入れるはずもなく、考えた挙句、和室にゲージを入れてそこで慣れさせよう、ということになった。すぐに、もう部屋に放そうか、と相談することに。というか、ですね、旦那さんには、半強制。放すからね!! 有無を言わせない、これがいつものメアリーさんのやり方。最近のドラマの影響で、「私は失敗しないので」が口癖。ところが半端ない暴れん坊子猫三匹、あっという間に和室の障子をぼろぼろにしてしまう。生まれ育った床下の様子を押し入れに再現して落ち着かせようということになって、衣装箱やテニスラケットなどが詰まった押し入れに隙間を作って放すと、もうどこに行ってしまったのか分からない。「外に逃げたんじゃないの?」と心配する旦那さん。「そのマイナス思考、やめてくれない!!」でも、ちゃんとご飯時になれば、いつも三匹そろい踏み。そっと押入れを覗くと、あちこちの隙間にそれぞれが寝床を作っている様子。そういえば猫は、「一匹オオカミ」ならぬ、「一匹猫」とも言われている。人と違って、無駄な群れ方はしないのです。それぞれ、マイベッドを作って居心地良く暮らし始めてるじゃん、という話。みなさん、どうぞご興味があれば、いや、もっていただきまして、里親さんになって下さいませ。きっと、ヤンチャーズの元気をもらい、人間としてたくましくなれること請け合いですよ。
b0344486_21031818.jpg

[PR]
by neko3939h | 2016-08-09 20:57 | 不思議なネコのお話

会員を募集しています。

NEW !!芸達者な面々    石屋マーク

まちねこ習志野のメンバーはみんな仲良し。バス旅行あり お食事会あり、 がーーしかし。やるときはやる!のです。定期的にモリシアで開催しているフリーマーケット。もちろん、焼きそばを食べたりもしますが、あみちゃんがお母さんと応援に歌いにきたりもしますが、王道は 手作り品を売るのは分かっています。
会員はみな特技をもってまして、たとえば、歌を作り、マンガを描く私。まあ、それはいいとして、会長は腱鞘炎になるくらい手作りバッグを作るし、カーモトさんは、女子垂涎の的(スイゼンノマト 女の子たちがよだれたらすほど欲しがる意味、膵炎ではありませんよ 笑)の、アクセサリーの職人、ナンシーさんはファンシーバッグの達人、副会長のオードリーさんはクッキーの名人、と凄腕の人ばかり、おっと忘れてはいけない、売り尽くしの名人 Kさん。
昼からフリマの客足が落ちてくるや、この人が腕を、いや、口を発揮する。これとこれで、今なら100円だよーーー、その声につらっれて客足が戻り、バンバン売れていく。みんなほっとする。モチロン売り上げや寄付金はみーんな地域猫活動費に。この才能は捨てがたい。まあ、みなさん、このメンバーを見てみたければどーぞ会に一度お問い合わせください。まるで芸人集団のような楽しい会です。
一緒に、やりましょう、殺処分ゼロを目指して。

b0344486_19332788.jpg



[PR]
by neko3939h | 2016-06-05 19:34 | 不思議なネコのお話

孤独に生き抜くねこ

えさやりさんがお出かけで3日間のエサやりを頼まれ出かけました。
公園には現在 5匹のねこが居ます。4匹はオスで4・5人のえさやりさんに可愛がられています。
通りすがりの子ども達にも人気で、よく撫でられているようです。

ひっそりと1匹で生きている「しろ」ちゃんは、メスで臆病なので別の場所から朝・夕とえさを貰っています。
時間どおりに出てきては、もう13,4歳なのでゆっくりと時間をかけて食べていました。
1度、えさやりさんの苦労を考えてゲージで捕獲し、家に連れて帰ってみたのですが、慣れてくれませんでした。
10数年の外暮らしは、厳しい環境でも彼女にとっては幸せなのかもしれません。
散歩がてらには、畑のひだまりで虫を追いかけたり、ぼんやりとたたずんでいる姿も見られました。
それなりに、強く、長く 彼女が生きてくれるのを願っています。
いつか 姿が見えなくなったら・・エサやりさん達は号泣するでしょう。それくらいに愛されています。

遠巻きにエサを置くと警戒しながら出てきて食べ始めました。

b0344486_16525920.jpg
食べ終わると、いつもの場所へ帰るのね。
b0344486_16531180.jpg

[PR]
by neko3939h | 2016-05-24 17:15 | 不思議なネコのお話

みんな親戚 ねこ~ず。

さかのぼれば「みんな ちぃーこ の子達だょ」って、さぎぬまのねこ研究家さん?が言っていた。
かれこれ14,5歳でしょうか。ようやく3月になり諦めていた避妊手術をしました。

特徴は・・・だんだんと色が黒くなる。長毛になる子も。鼻の横に印がある子も。
そして、甘えん坊さん。
おかえりの合図は、頭をゴチンと床に打つくらいにひっくり返りお腹を見せる。・・・

たまらないその愛らしさは、どうやら里親さん達の心をつかんでいるようです。

ちぃーこ様画像は??こんな感じ。
b0344486_21142320.jpg

その子供達
b0344486_20370585.jpg
b0344486_20395279.jpg
b0344486_21155370.jpg



そのまた 子供達

この子達は兄妹(ママは誰?)

b0344486_08315220.jpg

b0344486_08330970.jpg
えみりちゃんも黒くなり・・
b0344486_20362259.jpg
あの白かったあおいちゃんが・・
b0344486_20354229.jpg
真っ白だったょね。この黒さへ変貌

b0344486_21205262.jpg


b0344486_20345569.jpg
ヒマちゃんも黒くなった。飼い主さんいわく・・「手足がどろんこ色に・・」
「帰宅するとお出迎えは、ゴロンとお腹を見せ甘えてきます。」

b0344486_21190021.jpg
b0344486_21174265.jpg
b0344486_21172143.jpg
テトラくん はじめ5匹の兄弟も。
そしてこの子も・・毛色は違うがまさしくちぃーこ様の親戚
b0344486_21355975.jpg
自転車でひきそうになり保護してから3歳にもなりますが、
病気もなしにすくすく育ち、我が家のプリンスへ
ねこも話しかけると何やらお返事が上手くなった。
ねこといるとなんかし・あ・わ・せ 貰ってます。



[PR]
by neko3939h | 2016-04-28 20:52 | 不思議なネコのお話

僕は最後まで可愛がるょ 家族だもの。


NEW! ★高齢化社会到来★オードリーさんは語る。
「猫の駅長さんだとか、ネコカフェだとか、今確かに猫ブーム。けどね、可愛い、可愛いだけじゃなくて、マスコミも、もう少し踏み込んでほしいね。高齢化社会ではペットは子供や孫のかわり。そりゃ可愛いけれど自分の老後問題同様に、ペットの老後問題だってあるでしょ。そこまで取材してくれなくちゃ。」
確かに身近にペットの介護問題をかかえている人の話をよく聞くようになった。地域猫のことにもつながるこの話。
飼い主さんは最低限責任をもって愛情を注いでほしい。
言葉を話すロボット人形を可愛がるおばあちゃんもいたけど、ロボットは機械です。
猫は同じ地球で生を受けた大切な仲間です。
b0344486_10044282.jpg

[PR]
by neko3939h | 2016-03-16 10:02 | 不思議なネコのお話

風が吹く処

先日の強風で貼ったポスターが何処かへ飛んでいた。
そうなんです・・・
活動していて気がついたのであるが (・・台)とつく場所は高台で風が強い。
見晴はいいが、細い道が多くて車の便が悪い特徴もある。
そして、ねこの繁殖場所でもある。

ねこは好んで高台へと進む。安全な場所を求めて・・

それでも風が強い。だから風邪ひきのねこも多いようだ。

TNR活動中に保護した子猫の大半は病院へ搬送となる。
風邪ひきで入院もよくあった。
3か月で保護した ヒマくんも妹のあおいちゃんと供に入院した。
その後 元気に駆け回っていた姿を思い出す。
「ヒマくん 大きくなったね。」
「寒い冬はお兄ちゃんと一緒であったかかったね。」「やっぱり 君は可愛いや。」
b0344486_22394396.jpg
b0344486_22402283.jpg

産まれた処の高台は、お天気でも風が強かった。
そして、(・・・台)は ねこが集まる場所でもあった。







[PR]
by neko3939h | 2016-03-03 22:45 | 不思議なネコのお話

ねこの歌 「気づいてほしい」

かねだあみ ちゃんが歌ってくれる  ♪「気づいてほしい」♪

TNR活動は一人でもねこが増えているという現状に気づいてくれる。
そこから始まります。ねこも愛護動物です。給餌はされるべきであり、
エサをやるから増えるのではなく、不妊手術をしないから繁殖し、
地域で問題化となっていく。
そして、暑さ寒さの中で生き延びている。
小さな命にも気づいてほしいのです。
手を差し伸べていただきたいのです。
そんな意味を込めて作った曲です。





会のHPがジンドゥへ移行しました。
アドレスはこちら
 http://neko3939h.jimdo.com/   
 まちねこ習志野

[PR]
by neko3939h | 2016-02-14 22:12 | 不思議なネコのお話

ニャーロックホームズ


★★ナンシーさんは毎日猫の記録をつけている。
どんなに忙しくても家の周りを一度は見まわる。
まるで探偵だ。どこに、どんな猫が潜んでいるか、どこでどんな子猫ちゃんが生まれているか、などなど
色んな猫の年代記が彼女の頭の中にある。メアリーさんもオードリーさんもそれには脱帽している。
こういう地道な活動って、あれ?これ、刑事の「現場百回」という教えに似てなくない? 
ナンシーさんて、実は刑事の娘なんじゃない? それはさておき、
そういう科学的な基礎調査は「ファーブル昆虫記」の観察眼と似ていなくもないよね。
b0344486_2048345.jpg

[PR]
by neko3939h | 2016-02-02 20:48 | 不思議なネコのお話