日本海側は雪ですが、千葉の日中は暖かく, 庭には早くも「めじろ」や「シジュウ柄」の姿が見られます。ネコ達も日向ぼっこができますね。

先日、生後4,5か月の子猫を2匹里親に出したお宅におじゃまいたしました。大きくなっていました。すっかり飼い猫となりあんなにあばれて脱走事件を起こした子猫達とは思えません。綺麗な目を見ていると・・「僕 幸せになったよ。」と言ってるようでした。里親さんのご努力でもあります。「最近は家族の部屋に進んで入ってくるようになりゴロゴロとおねだりするんですよ。」と伺い、救ってあげて良かったとまたまた、うる涙になってしまいました。

会員の皆様 
今年も各地域で活躍され、各イベントにも参加ご苦労様でした。
来年も「地域ねこ活動」を市民の皆様にご理解いただけるように活動し、普及させましょう。


今朝、023.gif笑ってしまった・・・・ねこに関与しキャラクター化していた。
私達が今回関与した会社(店舗)は数年に渡り敷地内でねこが事故にあったりエサをかたづけ餓死させたり子猫が死にそうになっていたり、カラスに襲われているのも無視し、「動物愛護と管理法」にふれるような対応をしていた。
いつか事故や餓死で自然にいなくなればいいとでも思っていたのでしょうか。
従業員がねこに係ったら解雇となると噂の会社である。
(水面下で詳細を調査中)



(22日から毎年恒例の風邪から喘息になり自宅療養中 
     写真を撮りに行けなく申し訳ありません。広報担当 富樫)


[PR]
by neko3939h | 2014-12-26 09:03 | 会員へ連絡

看板

いつも出かけている公園で・・・新しく設置された看板を見つけた!!
これはありがたい 分りやすく出入り口に掲げられている。
ねことの関わり合いがもっと良くなったらいいですね。
b0344486_12054098.jpg
公園内で花を育てている 花壇内に作った「里親募集中」
時折、はがされる事もあるが、暗黙の了解で貼らしていただいている。
b0344486_12052856.jpg

[PR]
by neko3939h | 2014-12-14 12:14 | 地域ねこTNR活動

定例会 12.13

定例会の報告

今日は新会員さん2名が参加されました。八千代市と藤崎からです。是非、また参加ください。

◆12月6日に開催した「みんな生きている」上映会の報告
  参加者は少なかったのですが、新会員および多額の寄付をいただいたり、 地域ねこ活動に
  理解していただいた方たちのつながりができたので、実りある上映会だった。

◆秋津団地理事会との話し合いの報告
  理事会から連合町会、秋津まちづくり会議へと進展する感触が得られた。
  是非、秋津地区で「地域ねこ活動」を定着していただきたいです。期待しています。

◆広報掲載の件
  2015年7月頃 市広報に「地域ねこ活動」の詳細をお願いしている。
  市民に地域ねこ活動の理解を深めていただける良い機会です。

◆東習志野地区の地域ねこ活動
  後、1匹の捕獲のみとなった。資金面の協力のお願いへ

◆フリーマーケット関連
  来年は1月24日(土)モリシア津田沼公園 で開催します。

◆募金及び寄付金、フリマ収益金について
  各地区でかかった不妊手術費に相当する。各自は頭数を申請すること。

      次回は1月10日です。


   秋津 黒ちゃんの里親さんを募集しています。
   (生後5か月 ワクチン 去勢済)
   なかなか慣れてくれないのですが、おとなしくていい子です。
b0344486_17171781.jpg


  
[PR]
by neko3939h | 2014-12-13 17:20

猫好きと猫捨ては裏表の関係にあるように思えてならない。

私の母は二人いた。実母と養母である。
二人ともそれぞれに、猫好きだったけど、似たような人猫関係だったと思う。

二人とも猫語を巧みに操った。猫語とは、簡単に言えばおおむね赤ちゃん言葉である。実母が可愛がっていたのは、エマというシャム猫で、グルメの母の影響でコーギーみたいに太っていた。エマちゃん、が、可愛さ余って、イマちんになっていて、餌の時間になると、相撲部屋から現れる力士のようなイマちんがドスドス現れるのが可愛かった。

養母は、乱暴者のアメショーを飼っており、ペックという名前だったけど、ペッちゃん、になって、同じく可愛さ余って、呼ぶときは、2オクターブ声が裏返っており、ヒーッ ペッちゃん、と呼ぶ。

微笑ましい人猫関係でしたが、それぞれ、実母は官舎から出なければならず、また、養母は夫の長期入院で世話ができない、と言って、実母は実家に放り出し、養母は入院前に安楽死させると言い出し、なんとも、あっさり残酷なことを申します。

好きが高じて、二人とも愛するがゆえの結論だったのですが、イマちんは田舎でしばらく生きて、ペッちゃんは、入院前に病死して事なきを得たのでしたが、どうなんでしょうか。

もし、二匹が人の子ならそんなことにはならないはずですよね。

命は等価だと、私は思います。

しっかり最後の最後まで見守る必要があるのではありませんか?

猫でちゃんと練習しておかないと、自分の子供を虐待したり、自分の親をいびり出したりするのですよ、きっと。





石屋まーく
[PR]
by neko3939h | 2014-12-13 12:25 | 不思議なネコのお話

HP

HPを開設しました。
   http://www.neko3939.com

ねこサクサクと覚えてください。

ツール等がないのでシンプルですが、工夫して新しくしていきます。

[PR]
by neko3939h | 2014-12-08 06:55 |  What’s New


12月6日(土) p・m2:00~4:00 (1:30から受付)
  入場料は 500円
  開催場所 新習志野公民館 多目的室
「みんな生きている」
  飼い主のいない猫を題材にしたドキュメンタリー映画の
上映会をおこないます。


[PR]
by neko3939h | 2014-12-02 17:50 | 地域ねこTNR活動