まちねこ習志野

<   2016年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フリマは不参加



会員へ
  1月30日(土)予定のフリーマーケット イン モリシア は雨のため中止と致します。
  1月及び2月は「手作り品」の作成貯め置きをお願いいたします。
  
  2月は27日(土)を予定しています。

[PR]

習志野市へのお願い


ある東京都の市では、地域ねこ活動団体への助成金交付制度がある。

  ノラねこ対策としてそれに取り組む団体への補助制度である。(団体は2人以上とする登録団体)
  メス避妊は10000円 オス去勢は5000円 
  その他の経費に1000円
  また、ねこの譲渡の場合には、かかる検査費用5000円  


私達が住む街 習志野市でも自治会やボランティアグループによる地域ねこ活動への制度を作って欲しい。

市民の負担を少なくし、習志野市にいるノラねこがこれ以上増えないように、穏やかな環境づくりを考えて頂きたい。ねこによるトラブルを無くし人とねこが共存できる「街づくり」をお願いしたい。


市の助成金で不足分は、会の会費や寄付金で少しはおぎなえます。
増えすぎた場所のTNRは地域の方だけではできません。会がお手伝いいたします。
(基本は地域の方の協力がないとできない活動ですので、ご理解と資金提供は必要です。)
b0344486_9194282.jpg

[PR]

会からの助成金決定

1月定例会において、皆様からご支援いただきました寄付金の使いみちが決定いたしました。

(ご寄付頂いた方及び会員へは、3月末に会計報告と活動報告書を送付いたします。)

7月~12月までの活動に
7か所の地域へ配布 
TNR活動における不妊(避妊・去勢)手術費の助成  20匹
TNR活動中に保護した子猫のワクチン代の助成    29匹
5か所の地域へ ねこフードを配布

現在進行中のTNR2か所 
この極寒で苦戦しています。
新たなねこちゃんも発見 「君 やはり耳カットしてないね。」
b0344486_17214297.jpg
会員へ

1月30日 モリシア フリーマーケット開催予定

会のHP移行について
ただいま 準備中でアップしていますので見てください。

アドレス  http://neko3939h.jimdo.com/

今後 ネットショップ(手作り品)も検討のため移行しました。

b0344486_17305511.jpg
わんdeにゃんde旅社ブログ
年明けにトーニャさんが里親探しに奮闘してくれた 子猫3匹 
(個人ブリーダーが手放した子達)
素敵な里親さんが見つかったと報告受けました。
心配していた会員の方々・・良かったですね。
様子は上記ブログへ



[PR]

ねこのうた


  
                
 まちねこ習志野  会の歌ができました。  「気づいてほしい」
b0344486_21422993.jpg
習志野の歌姫 あみちゃん


[PR]

会の歌ができました。


まちねこ習志野の歌

      「気づいてほしい」      歌 あみ

                      作詞 作曲 石屋まーく& あみ
b0344486_20261113.jpg

猫の気持ち

人に届かない

人の思いも

猫に届かない

だけどいつも

隣にいる

同じ星で

暮らす仲間さ

人と猫は古い友達

気まぐれでも

癒してくれる

そしていつも

隣にいる

同じ星で

暮らす仲間さ

光あふれる

習志野の原

小雨そぼ降る

家の軒下

気づいて欲しい

僕たちのこと

手を差し伸べて

愛して欲しい

猫の気持ち

人に届かない

人の思いも猫に届かない

だけどいつか共に暮らす

かけがえのない

友達として

いつまでも

友達として

変わらない

友達として


あみちゃんがピアノ弾き語りで歌います。


[PR]

それぞれの幸せ場所


新年にあたり たくさんの里親さんから猫たちの近況画像・メール・年賀いただきました。
有難うございました。
「君たち み~んな 可愛く幸せ」
そして・・穏やかに素敵なねこちゃんになりましたね。

5匹の内の三毛のメイちゃん
外国の方のお家で4年目 ポルコくん
5匹の内最後に残り心配したけど幸せ見つけたテトラくん フリマにまた来てね。
会のマスコット 美人になったちぃちゃん
フリマの崖を子ブタのように登っていたヒマくん
年末に里親さん家でちゃっかり慣れてしまった子

短い間でしたがお世話した会員は、感慨深いと思います。


 
b0344486_09083477.jpg
b0344486_09025683.jpg
b0344486_10244608.jpg
b0344486_10252552.jpg
b0344486_09020758.jpg
b0344486_10254323.jpg

[PR]

2016年 おめでとうございます。

b0344486_09391852.jpg

新年おめでとうございます。広報担当の石屋まーくです。

昨年は病気をしてしまいまして漫画も記事も長くご無沙汰しておりました。地元総合病院でのリハビリも順調に進んで、これからはちょくちょく記事を、と考えていた矢先のことでした。

大晦日、会長とともに見守りエリアの神社周辺を見回りしている最中に、うず高く積まれた枯葉の上で気持ちよさそうにお昼寝しているキジ猫を発見したのです。近づいて見ると天使のように寝ているかのようでしたが、触ると、すでに冷たくなっていました。年の瀬に猫風邪にでもかかったのでしょうか?会の方々に見守られて栄養は足りているようでしたが、こんもりした土を掘って埋葬してあげながら二人で話したのです。

「不自由ながらも人間に飼われて暖かく生きて死ぬのが幸せか、外で自由気ままを謳歌して、短命で終わるほうがいいか、猫にとってどっちが幸せなんだろうね?」と。翌日お線香をあげてお経を唱えながら、成仏を願わないではいられませんでした。

少子高齢化社会の申し子、ペット産業の一つのひずみがこのような悲劇を生んでいるのだとも言えるでしょう。一匹でも不幸せな猫を世に出さない、そのために何をすべきかを考えさせられてしまったこの年始でした。

そして、幸せになった子供たちの写真が届くたびに、切々と思うのは里親さんの温かな存在でした。



[PR]