まちねこ習志野

neko3939h.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

広報掲示板

市 協働政策課にお願いに行きました。

里親募集中のポスター・フリーマーケットポスターをを1か月間 地域限定で掲示 
(台風明けから掲示予定)


b0344486_08285327.jpg


[PR]
by neko3939h | 2016-08-27 08:29 | 里親募集中

イオン 幸せの黄色いレシートへ投函してください。



イオン黄色いレシートへ団体登録し参加することができました。
9月以降参加できますので、お買いものはイオン津田沼店へお願いいたします。

今年の日程は・・・・毎月11日・・
9月11日(日)
10月11日(火)
11月11日(金)
12月11日(日)

皆様が投函していただいた黄色いレシート金額の1%が、会へ提供されます。
各地域へフード提供できますので、「まちねこ習志野」箱への投函をお願いいたします。
なにとぞ よろしくお願いいたします。


   詳細は・・・イオン黄色いレシートへ

[PR]
by neko3939h | 2016-08-18 07:27 |  What’s New

ちょっといい話

野良猫の命を救いたい

福島大(福島市)の学生たちが、大学構内に入り込む野良猫の命を守る活動に乗り出した。任意のグループ「福島大学ねこサークル(通称ふくねこ)」を4月に設立。餌やりや不妊・去勢手術に取り組み、殺処分される猫を減らしていく。資金面で課題もあり、ホームページ(HP)で寄付を呼び掛けている。

 キャンパスを歩く学生に餌を求め、1匹また1匹と近寄ってくる。学生が猫を囲んで談笑する光景も珍しくない。

 昼休みと午後4時半、12回の餌やりがサークル活動の中心だ。メンバーは大学院生を含め28人。個体把握にも努め、現段階で15匹ほどを確認している。

 福島大は山に囲まれ、多くの野良猫が出入りしていた。「学内で車にひかれたり、学生の弁当に跳びかかって怒られたりする猫を放っておけなかった」とサークル代表の北村はるかさん(23)=大学院人間発達文化研究科1年=。本年度に入って周囲に声掛けをし、賛同者を募ったという。

 手術によって繁殖を抑えるのが最終目標だが、任意サークルのため大学からの補助金はない。13万円ほどの手術費は容易に工面できない。これまでに受けさせたのは3匹。それも協力的な大学職員の支援があったからこそできた。

 サークルは今後、HPによる募金活動のほか、10月末の大学祭で猫のポストカードやステッカーを販売し資金確保を目指す。北村さんは「野良猫であっても大切な命。一つでも多くの命を救いたい」と話す。

 福島県が2015年度に一時保護した猫は2154匹で、引き取り手が見つからない子猫など1826匹が殺処分された。

河北新報8月17日 配信から



[PR]
by neko3939h | 2016-08-16 13:54 |  What’s New

不思議なねこのお話し8月

NEW!! ★一匹猫★ メアリーさんが担当する地区でTNR活動の真っ最中、可愛い三匹の子猫を捕獲した。里親探しをする前提で、一時的に家の中に取り込んだのですが、三猫三様、やんちゃで暴れん坊で、メスは想像どおり、というか、相当用心深い。それがお兄ちゃん二匹に影響を与えて、結果、三匹みんな用心深くなってしまった。一か月経ってやっと人に抱かれるようになりましたが。当面の問題は、その子たちの寝床をどうするかでした。家は先住の黒猫、茶猫がすでに占拠している。新しい子猫など受け入れるはずもなく、考えた挙句、和室にゲージを入れてそこで慣れさせよう、ということになった。すぐに、もう部屋に放そうか、と相談することに。というか、ですね、旦那さんには、半強制。放すからね!! 有無を言わせない、これがいつものメアリーさんのやり方。最近のドラマの影響で、「私は失敗しないので」が口癖。ところが半端ない暴れん坊子猫三匹、あっという間に和室の障子をぼろぼろにしてしまう。生まれ育った床下の様子を押し入れに再現して落ち着かせようということになって、衣装箱やテニスラケットなどが詰まった押し入れに隙間を作って放すと、もうどこに行ってしまったのか分からない。「外に逃げたんじゃないの?」と心配する旦那さん。「そのマイナス思考、やめてくれない!!」でも、ちゃんとご飯時になれば、いつも三匹そろい踏み。そっと押入れを覗くと、あちこちの隙間にそれぞれが寝床を作っている様子。そういえば猫は、「一匹オオカミ」ならぬ、「一匹猫」とも言われている。人と違って、無駄な群れ方はしないのです。それぞれ、マイベッドを作って居心地良く暮らし始めてるじゃん、という話。みなさん、どうぞご興味があれば、いや、もっていただきまして、里親さんになって下さいませ。きっと、ヤンチャーズの元気をもらい、人間としてたくましくなれること請け合いですよ。
b0344486_21031818.jpg

[PR]
by neko3939h | 2016-08-09 20:57 | 不思議なネコのお話

保護して2週間 やっと慣れました。

今回の一斉TNRでは14匹 取りこぼしの子は3匹でした。
内、子猫1匹は保護できませんでした。
リターン時に早々に現れた親猫 耳カットしたメスねこの側には小さな子ねこがすでに寄り添っていました。
親猫にエサを与えると・・ママのおっぱいを貰っていました。

そして、TNR中に保護した子猫は5匹 それぞれが会員の元で慣らしていますが・・
3匹の内 2匹はトライアル中で、先住ねこさんと苦戦中と聞きました。誠実に対応していただいており、感謝の気持ちでいっぱいです。

この子も慣れてきたら、甘えん坊さんで膝の上から離れません。里親さんを募集しています。
オス 生後3か月  詳細はこちらへ掲載
b0344486_13141104.jpg



[PR]
by neko3939h | 2016-08-07 13:15 | 里親募集中

エサをやるだけではなく責任もある。


動物愛護と管理法から

 第四章 都道府県等の措置等

第三十七条  犬又は猫の所有者は、これらの動物がみだりに繁殖してこれに適正な飼養を受ける機会を与えることが困難となるようなおそれがあると認める場合には、その繁殖を防止するため、生殖を不能にする手術その他の措置をするように努めなければならない。


上記項目は、飼い猫はもとより、外でエサをやっている方にも当てはまるものだと思います。
エサをやっている方は、ねこが産んだ子猫を責任もって飼うことができないなら、成ねこを不妊手術してください。
ボランティア活動をしていて1番に感じるのは、ねこが可愛そうだからエサやりをしているが、不妊手術にまで至っていない現状です。 
だから気づいて欲しいのです。1年後には2匹が10匹以上になりますよ。

そして、保健所および動物愛護推進員は行動をともなって、適切な指導をエサやりさんにしてください。
習志野市では 不妊手術助成金がオス4000円 メス6000円 申請できます。(ノラねこだけ)
枠はもう少しあるでしょう。キャンセル待ち枠もあるでしょう。市環境部へ問い合わせへ
会では、今月は19日以降で捕獲器の貸し出しできます。

「僕は手術して右耳にカットしてもらい、仲間たちと仲良くなったょ」
b0344486_08492352.jpg
ある場所で、今回助成金を使い3匹(メス2、オス1)不妊手術しました。先日訪れたらまったりと暑さの中でも穏やかに過ごしていました。エサやりさんは、「子どもを生む可能性もあったので、安心しました。お世話になりました。」と言われていました。お手伝いできて良かったです。




[PR]
by neko3939h | 2016-08-06 09:00 | 地域ねこTNR活動

一斉捕獲を行いました。

この地域は3年前から別のボランティアさんが関与されていましたが、繁殖がすさまじく、新年度から再開されるとのお話しであったので、まちねこ習志野がそれまでに2か所の繁殖場所をTNRしました。
地域住民の皆さん お困りでしたょ。「助かります・よろしくお願いします。」と言われました。

夕方から夜9時までかかり会員と東京からのボランティアさんと4人で、12匹捕獲しました。
1か月前から調査を始めて耳カット済は4匹確認 助成金を申請して2匹追加で手術し耳カットしました。
おおかたのねこ画像を撮りこんだつもりでいたのですが、同じ柄の子が次々に現れて計20匹。
近づいても遠巻きに逃げていく取りこぼし2匹 飼い猫もウロウロ・・・
お腹の大きな子も数匹いました。大きな大きなオスが3匹いました。「君はどこでエサをもらっていたんだ。」

6日にも2度目の捕獲を行います。
そして、手術代が発生しますので、ポスティングした40数軒にお願いにあがります。
よろしくお願いいたします。
もちろん、今回申し出ていただいたエサやりさんは寄付金を出していただいてます。
皆さんでこの地域が住みやすい良い町になったらいいですね。

私達会では、習志野市各地域に合わせたやり方でTNRを行っています。

この子は茶のアメショー柄 「兄弟がいたのかぁ どうりで朝夕とよく見かけたんだね。」
「元気で東京の病院から帰ってくるんだょ。」
b0344486_12262241.jpg



[PR]
by neko3939h | 2016-08-05 12:52 | 地域ねこTNR活動

ねこの繁殖 年3回のメカニズム

今期 市民の方からの相談で1番多いのは、子猫を拾いその対応の相談でした。
庭に現れた 歩いていたら出てきた 片隅に捨てられていた 公園の出入り口にも・・
このように6月以降、急に相談が多く寄せられ今期はあちこちで子猫が出現していました。
もはや年三回の出産は珍しくなくなりました。

行政にお願いです。
手術助成金の申請は2月に。捕獲は3月が目標とお考えください。
習志野市では6月申請 捕獲は早くて6月末になってしまう。もう子猫が出現しています。
あちこちに散らばった子猫は大きくなり新たな繁殖を繰り返します。
習志野市はねこであふれてしまいますよ。

この6月、7月にTNRをおこなったメスの中にはすでに妊娠していたねこが数匹いました。
とても辛かったです。病院の先生はなおさら辛い思いをされていると思います。
でも、産ませる訳にはいかない。周りにはすでにこのメスが産んだ2,3か月に育った子猫が走り回っています。
交通事故・カラスに追われ・雨に打たれ・餓死の可能性もあるのです。育つ子は5匹生まれても1,2匹でしょう。
殺処分のために持ち込まれるねこの殆どは、子猫です。
そのためにはTNRしかありません。

妊娠したねこを手術しなくてはならない。ねこの気持ちも。人の心も分かって欲しい。
人の心ってなんですか。思いやりがあり、愛おしさを持っているものです。それだから・・辛い。
b0344486_22301067.jpg

2月下旬  発情する。子猫が出現(冬は少ない)
3月    妊娠
4月
5月    出産
6月    1,2か月の子猫が出現する。
7月    妊娠
8月
9月    出産
10月   子猫が出現する
11月   妊娠
12月   
1月    出産
    


[PR]
by neko3939h | 2016-08-01 22:30 | 地域ねこTNR活動

ちびらの活動画

動画を入れてみました。
じっとしていなくて、朝方からリビングイン階段遊びが始まりました・・・そして・・・
2階の部屋にも入るように、慣れすぎ~。


[PR]
by neko3939h | 2016-08-01 12:10 | 里親募集中