まちねこ習志野

子猫を捨てる 犯罪者です。

昨今、ニュースでねこが焼かれた事件があり、所轄の警察が動くばかりでなく警視庁も捜査していると聞きました。捨てたり、虐待したり、棒でたたいたり、薬物で死亡させたりは、動物愛護管理法で罰せられます。
愛護動物に向けられた行為はいつかは・・そう 人へと向けられるという犯罪の恐怖ですね。



昨今は毎年ではありますが子猫の出現が相次いでいます。
この時期 6,7月は多いです。
つくづく 2月下旬からのメスの発情期にTNRをやるべきであると認識するしだいです。


先日も、道路脇に捨てられていた子猫を見に行くと・・意外なつながりが見えてきました。
昨年からTNRをしている場所と、今年からTNRをはじめた場所のちょうど中間点に子猫がいました。距離にして500m範囲。ねこの行動範囲である。
そして毛色・毛柄・しっぽの形が似ている。
親から子へまたその子へとDNAはつながっていく。
ねこには不妊はありません。いつでも妊娠できます。
だからメスねこの避妊手術は重要な課題なのです。


この子は優しい保護主さんが面倒をみてくれて、身近で里親さんを探してくれています。
「いなかったらうちの子でもいいかな。」・・そんな人ばかりだとねこも幸せだと思う。
b0344486_15552477.jpg
また、2日前にもゴミ置き場に捨て猫 保護した方は「誰も見向きもしないので・・病院へ運びました。」と・・後、会員がポスター作りと里親探しのお手伝いをしてくれました。
動物愛護推進員さんがお住まいの場所です。毎年、子猫が見つかっていると聞いています。
是非、母ねこをTNRをしていただきたいです。お願いします。






[PR]

外来種の駆除だそうだけど。

5月中旬 近くの森林公園の水が抜かれ、ある日芸能人・市長はじめ関係者等が沼地に入り魚を捕獲していた。
この公園は、今 菖蒲園の花が咲き、スイレンの花が咲いていたのに。
大きな鯉もカメものんびりと過ごしていたのに。
外来種の魚ブルーギルはいたけど、大きな鯉も外来種なのかな駆除していたような・・
(一応 公園緑地課へ質問してみた。)
後日、回答をいただき、清掃車に詰め込んだのは捕獲の際に亡くなった魚だそうです。
現在の池は・・数か所からの放水で綺麗にはなっている。


生物の保護とか清掃とかを名目に行っていたが、魚が可哀想だった。ゴミ?少なかった。
池は汚泥が深くそのまま残ってしまっている。どうなんだ清掃!

6月25日(日)夜8時前 TV東京にて放映だそうです。
「池の水ぜんぶ抜く~ 」
b0344486_15555244.jpg

[PR]

今を生きている命は幸せに。


伝えたいこと

今を生きている命は幸せに 不幸な命は生み出さない。
    
   お世話になっている「動物愛護協会」さまの譲渡会です。



[PR]

里親募集中

  再募集をかけた子でしたが、
 素敵な巡り合わせがあったようですよ。
  里親さんが決まりました。
たくさんの人から愛された子でもありました。



黒キジ 生後2か月半 オス  健診すべて済 健康体です。
活発な子で面白さもある可愛い子です。
やんちゃさんを希望な方にお勧め?

b0344486_12182475.jpg
b0344486_12184016.jpg
お問い合わせは・・me1574ma@yahoo.co.jp へお願いいたします。



[PR]

市助成金申請状況

5月8日から始まった飼い主のいない猫に対する不妊手術助成金の申請。
6月になりまた環境部政策課へ出かけてきました。
新庁舎 4階 解りやすい窓口となりました。
状況は・・・後 半数くらいの申請はできるようです。折り返し地点でしょうか。
      メス18匹 オス7匹 可能です。(申請内容で頭数は変化します。)
      習志野市HP でも随時掲載されています。
昨年に比べると申請も簡素化となり広報もしていただいたのか、申請速度も速くなっています。
暑くなる前 この6月に周りで気づいたら是非、TNRをしてください。
会員も6地域でTNRをしてくれています。
助成金を使い切ること それは市民が助成金の必要性を願っているという確証です。
そして、行政に必要性を訴えて助成金アップを懇願しましょう。

b0344486_21543897.jpg
この土、日にご近所の方から「捕獲器を貸していただきたい。」との依頼があり、出かけて見ると・・
母ねこと5匹の子猫が草むらにいました。
知人 2軒で協力していただき、土曜日に5匹の子猫を保護し(大格闘だったようです。)日曜日に親猫を保護し、病院に連れて行っていただきました。
まず、母猫を手術しなければいけないと考えていただき、子猫は里親探しを早々に始めて頂いたこと。
思いやりの行動だと感心し、きっと動物にやさしい地域ができているのだと痛感いたしました。
子猫の里親探しに加えて、親猫も里親探しを検討いただきました。
もちろん、市助成金の申請をお願いしました。



[PR]