地域ねこ ソックスくん


9月初旬に13歳で亡くなった「ソックスくん」は公園の人気者でした。
1人、2人とエサをやる方、見守る方が増えて穏やかに暮していましたが、13歳にもなり外で暮らすねこには夏の暑さも身にしみたようです。
最期の日には7,8名の方が看取ってくれました。
幸せだったと思っています。
b0344486_16463792.jpg
公園を抜ける道は生活道路となっているので、近隣及び散歩に来る船橋市の方にもよくしてもらっていました。ソックスくんは毎日来てくれたエサやりさんに、天国で「ありがとう」と言っていますょ。

公園のねこ達 8年前は13匹いました。全てをTNRしたのでだんだんと少なくなり、現在は2匹になりました。捨て猫も毎年いましたが、見つけていただいた方が飼ってくれたり、毎年数匹は里親に出しました。「捨て猫禁止」をポスターで訴えました。子猫の大半はカラスに襲われるもの・・・。多くの目があるから、ねこを可愛がってくれる人が集まるから、ねこの数も少なくなりました。
さて、2日後に出かけて見ると・・・以前、現れていた「ロッシーニくん」がガツガツと2皿のエサを貰っていました。ちゃっかりとテリトリー奪還です!


[PR]
by neko3939h | 2018-09-22 16:59 | 地域ねこTNR活動