人気ブログランキング |

2019年 02月 05日 ( 1 )

飼い猫も手術してね

sh地域のTNR活動です。
三毛が2匹 待ったなしのねこなので、通って通って3匹をようやくTNRしました。
1度ちびたんの時に捕獲されていたので警戒心が強い。

その間に飼い猫らしきオスが2匹 1匹は飼い猫とわかるくらいにおとなしかったのですが、ちびたん達のご飯を
毎日たいらげに来る。首輪もしてないしでかい。
外に出すならせめて去勢手術をしてください。
・・オスだから大丈夫?いえいえ ここのメスねらって来てますから。
強制的に去勢手術しリターンしました。
会では、捕獲前に飼い猫の首輪装着をお願いしています。(数日調査し、外に出している飼い猫は1匹でした)


もう1匹の飼い猫らしきは、まさにフォレストキャットのように洋種で持ち上げたらひっくり返しそうなくらいにでかい。トラブルの元なのでそのまま離しました。
  君は2回も捕獲器に入るのか!

1匹のメスが・・・1年後には20匹、2年後には80匹、3年後には数えきれないくらい。
子ねこは、生後6か月もなると産みます。それも年に4回発情し3回産みます。1回に4匹以上も産んだら・・・
上記の数になってしまいます。
外猫が産む子猫は育たない数が多いので??と思うのですが、2、3年後には平均38匹の数が地域に増えていると推測されています。
メスねこの不妊手術、オスねこの去勢手術の必要性がわかると思います。


まだ1歳未満 いつも・・捕まえてごめんねの気持ちでいます。
数日すれば、穏やかになりどの子もご飯を食べにきています。
b0344486_10010053.jpg
173.pngこの子・・妊娠していました・・先生に申し訳なかったです137.png




by neko3939h | 2019-02-05 10:05 | 地域ねこTNR活動