カテゴリ:地域ねこTNR活動( 111 )

どうぶつ基金さまの活動 (参考に)


詳細は下記リンクへ



[PR]
by neko3939h | 2018-02-21 11:17 | 地域ねこTNR活動

めまぐるしいねこの数でTNR活動へ

1月下旬から調査していたm地域ですが、35匹確認と思っていたら似た柄のねこが多い。
それは何年も手術しないでねこが繁殖している状況の現れです。

さて、16日からTNR開始。最初に捕獲したのはオス3 メス2 黒ちび1。
次の日 捕獲器を設置し、その間にポスティング 予定は300軒。
オス1 (メスはやはり用心深い)夕方なので寒さが増し、人も辛いしねこも辛いよね。
雪模様のこの寒気が修まるまでは様子見となった。

見ましたよ。いっぱい。三毛柄・・この子は手先がつぶれていました。
可愛いそぅ!
b0344486_11305847.jpg


不妊・去勢手術は、麻酔をかけるので目は涙目 管を入れるので喉もグァグァとしばらくは辛いです。(麻酔が十分さめてからリターンはいたします。)
ねこもこんな負担をしているのです。
是非、耳カットを見かけたら可愛がってあげてください。お願いします。

生きていって欲しいです。
せっかく生まれた命だから。

b0344486_07374105.jpg


[PR]
by neko3939h | 2018-02-18 11:46 | 地域ねこTNR活動

早めにTNR活動開始1

寒さの続く時期ではありますが、早々にオスねこの発情の相談がきました。

庭にくるねこのフードを求めてか、メスねこの匂いを察してかオスが現れました。
発情の声でご近所から苦情があったようです。
調査に行くと、夕方 すでに「ワォ~ン~」と鳴いていました。
捕獲器にマタタビで誘導するとおとなしく入ってくれました。

ボランティアが捕獲をすると「住民に示しがつかない」と言われるボランテァさんもいらっしゃいますが、高齢者さんが捕獲し病院へ連れて行けますか?それを待っていたらねこの数は限りなく増え手術費負担も多くなります。
私達の会はお手伝いします。姿を見つけた時を逃してはいけません。

おおむね、ねこを飼っている家には新しいねこが顔を出します。ご注意ください。
b0344486_11034304.jpg
先日まで外ねこだった「わさび」ちゃん
昨年 s地域TNR活動中に里親に出せなくて心残りだった子です。
この柄にひかれた里親さんが家に入れてくれて、今はお布団で寝てくれる程慣れてくれました。
1時預かりして頂いたYさんと、可愛がっていただいているSさんに感謝申し上げます。
今は 「ナナちゃん」と呼ばれています。



[PR]
by neko3939h | 2018-02-18 11:05 | 地域ねこTNR活動

すでに発情まっさかり

毎年、相談がある場所m地域 気にはなっていたのですが、別ボランティアさんが居住されています。手が出しにくい場所ですが、調査に行ってきました。
地域の方に前もっておおまかな頭数、情報を調べてもらっていました。

もうすでに、温かな日中は2か所でオスが発情しねこを追いかけていました。
今日、確認し画像を撮ったのは8匹。おおむね20匹はいるようです。
後、町会 エサやりさんを訪問いたします。
b0344486_19381556.jpg
b0344486_19383414.jpg
b0344486_19391545.jpg
会員へ
  2月8日(木) 定例会があります。市庁舎にて10:00から




[PR]
by neko3939h | 2018-01-31 19:42 | 地域ねこTNR活動

子猫を連れて移動500m

 

動向を伺ってみたら、長年飼っていたねこがなくなった3日後に三毛ねこが4匹の子猫とともに庭に現れてそうです。エサをやり可愛がっていたらある日姿を消した。
そのネコは、私達がs地域でTNR活動をしていた場所に移動してきました。
元々は長年 この場所で子猫を何回も産み、育てていたらしい。
その間に1匹の子猫は見つからなくなりましたが、親子は高齢の方がえさやりされていました。
相談から親をTNRしましたが、次の日には姿を消した。

リターンした次の日に親子で姿を消した猫達が、500メートル先の住宅地にまた現れた。
三毛ママに生後5か月もなる3匹の子猫。不思議な縁でした。

お伺いしてみると「また、帰ってきました。」と とてもよく慣れていました。
これから、3匹は手術予定で、里親に出すかどうかは今後の課題となりました。
b0344486_14382560.jpg
  太鼓橋を子猫連れて何回くぐったんだろうね・・・。
  人も学びたい程 お世話している子思いのママねこさんです。




[PR]
by neko3939h | 2017-12-08 15:09 | 地域ねこTNR活動

もうすぐ12月 夏の思い出になりました。

b0344486_20380248.jpg
毎年 この時期に咲いている桜 だそうです。公園内に2本ある。
暑い7月から始めたs地域でのTNRは本日終了しました。長い5か月間でした。

35匹TNR 20匹保護し18匹は里親さんの元へ 2匹は目の病気で治療中です。

市助成金にお世話になりました。会からも支援。そして41人の方々から寄付金をいただきました。目の悪い子2匹へも支援していただき、手渡し及び会へ振込みいただきました。
「有難うございました。」
温かいご支援はこの子達にも伝わると思っています。

皆様のお蔭で、お住まいの高齢者の皆様が穏やかになった環境を実感されています。
「ねこのケンカがなくなり静かになった。」
「おとなしくなったので可愛さが増しました。」

お手伝いして良かったです。会員の皆様ご苦労様でした。
後、3匹のメスが残りましたが、住民の方々に捕獲器をお預けしました。
辛さもありましたが、たくさんの住民の方と知り合いになりました。
それは、私にとっては一番の宝物になりました。

そして・・・わさびちゃん 寂しいけど・・元気でいるんだょ。またね。
b0344486_21035126.jpg


[PR]
by neko3939h | 2017-11-29 21:04 | 地域ねこTNR活動

最後はメスねことの戦いになる。

1度開いた金木犀の花が閉じ、また咲きました。長雨気候のためなのでしょうか。
でも、今、秋が匂っています173.png

コスモスも・・風に揺れて綺麗でした。
b0344486_12455231.jpg
各地域でTNRを推進していただき、7か所で数匹残し、先も見えて来ています。
こんな場所は、現在 市助成金を多く使わせていただいていますが、来年は少なくなると思います。昨年もこういう場所を作りましたが、取りこぼしのメスが・・やはり、産みました。

1100戸ある団地は、メスがやはり残っています。
捕獲器の形を覚えてしまったようですね。
後は、フードを与えている住民さんに、慣れさせていただき保護をお願いしています。
(ゲージかキャリーバックに入れ込む作戦です。)



[PR]
by neko3939h | 2017-10-07 13:00 | 地域ねこTNR活動

メスにご注意 秋も産みます。

春・夏に出産したメスは秋にも産みます。
それも別場所で産むのでわかりません。
メスにフードをやっている方・・避妊手術をお願いいたします。
また、春には生後3か月の子猫を連れてきますよ。

各地域の会員にご相談ください。

会のイベント

11日(水曜日) イオン幸せの黄色いレシートキャンペーン
お買いものはイオン 津田沼店・モリシア店におこしください。



12日(木曜日) 定例会 市庁舎 10時~

14日(土曜日)フリーマーケットモリシア 10時~ 
(雨天時はなし)




[PR]
by neko3939h | 2017-10-07 12:26 | 地域ねこTNR活動

ねこを可愛がる 意味を理解して欲しい。

暑い時期も過ぎ、TNRの時間帯は早めになり夕方6時も過ぎると暗くなります。
ある地域で早朝TNRをおこない、夕方にリターンです。
ご飯を食べてねこ達が夜風に吹かれて3匹、4匹と・・「あれ、見かけない子??」
オス同士でケンカが始まる。去勢した子は穏やかであまりケンカの声をあげない。
その中に大きなねこ発見「黒猫 耳カットしてないね。」

持っていたエサとたっぷりのマタタビで捕獲器かけました。30分もすると出たり入ったりしながら2場所目で捕獲完了。その後、もう1匹くんも捕獲で、急いで病院へ運びました。
朝の顔と夜の顔が入り乱れ「どうなっているのこの場所は。」

周りを見れば、暗闇でカップルが缶づめのフードをたっぷりとバラまいていた。
横を見ると、器にあふれるばかりのカリカリフードが入れられていた。
そう、この場所は、通りすがりにエサをやる大学生や一般の方々が後を絶たない。
それで、苦情を入れられるのは、掃除し決まった時間にエサやりしている方である。
どうやら、ねこ好きは嬉しいが・・この子達のために置きエサ禁止を訴えなければならない。

この場所に何処からともなく現れる飼い猫
置きエサはねこが集まる。おこぼれさんも出てくる。
それにしても・・この子の首輪もリードも食い込み・・
これは,
まさに虐待ですね。飼い主さん。(1度切ってあげたが再度この状態)
b0344486_14464783.jpg

さて、別場所でようやく捕獲でき耳カットした子です。
長く4月から探していた子である。春秋 毎年2回は産んでいたと住民から聞いた。
すでに、お腹には3匹。
b0344486_14470977.jpg
育たない子や病気で生まれる子。
産まれても殺処分される子(千葉県は犬ねこ年1300匹が保健所に持ち込まれ殺処分されます。その多く1100匹は生まれて間もない子猫である現状を認識していただきたい。)

産ませないのも人の愛情であると思っていただきたい。




[PR]
by neko3939h | 2017-09-27 15:02 | 地域ねこTNR活動

いろんな場所で思う事。

s団地の中には、1匹生後2か月の子猫が走り、数日前には1匹が衰弱死している。
4月から何匹もの子猫が見つかり並行して行っているTNR活動も、子猫保護で通いきれていない。

2日前には、久しぶりに早朝出かけた場所でお腹の大きなメスねこ発見。
「こんな時期に・・・」10月までは妊娠は無いと思っていた。
この温暖化で季節感が判別できなくてか、ねこも年2回だった出産も年4回になろうとしている。
そして、なかなか捕獲できないのがメスである。
子孫を残す メスには潜在的に身を守るという感覚があるようだ。

b0344486_12274253.jpg
この子も苦労し捕獲し、不妊した。今では、穏やかにねこ好きな方々に可愛がられている。
今ある命だけをお世話して頂きたい。
亡くなっている小さな命を見るのは辛い・・もうやめて欲しい。


先日、ちくわとソーセージをねこ達にやっている高齢者さんに、エサやりの指導に行った。
アレルギーとか腎臓病になるので、総合栄養食のフードをお願いした。
その時に、「子猫がたくさん毎年生まれているのよ。でもね、高齢だから捕まえられないし手術もしてあげられない。心を痛めていました。」
「手術していただき、本当に感謝してます。」と頭を下げられました。





[PR]
by neko3939h | 2017-09-23 13:03 | 地域ねこTNR活動

千葉県習志野市 人と動物が幸せに共生できる社会をめざして


by neko3939h
プロフィールを見る
画像一覧