タグ:ねこ ( 350 ) タグの人気記事

茶しろ脱走=子猫捕獲しました。

今朝、捕獲器にて実籾ハウス玄関前にて捕獲に成功しました。

兄弟猫と仲良くしています。

関係者の皆様には、大変御心配かけて大変すみませんでした。

[PR]
by neko3939h | 2014-10-04 20:21 | 地域ねこTNR活動

活動報告 東習志野

b0344486_16423000.jpg
本日までの経過報告

毎日が多忙で曜日の感覚がなくなってしまいました。
会長はじめ担当は4名でそれぞれが分担して負担のないように活動しています。
本日28日 親猫メス2匹を捕獲して病院へ連れて行きました。次回は10月7日に予約しました。運よく1回で2匹捕獲できました。
26日 要望書を提出しました。

子猫は合計6匹保護して 4匹は実籾ハウスへ(2匹は少し慣れました、だが2匹は脱走して部屋のまわりをうろうろしているので、また捕獲中です。) 
1匹は病院通院(ほぼ完治) 1匹は入院中(足骨折でギブスをつけています。歩いていいるので日数の問題だけです。)
里親募集を出しましたら、3匹は決まりそうです。頑張ろう!!
 
当地のエサやりさんは結局名乗り出てくれなく、近所の会員と花見川の方が交代で行ってくれてます。将来は「エサやりさん募集」も企画しないといけないです。
少しづつですが、前に進んでいて・・不妊・去勢手術も終了し、里親さんも見つかり、エサやりさんも確定し、地域ねこの基盤が作られると信じて、前へ前へ。




[PR]
by neko3939h | 2014-09-28 16:43 |  What’s New

捕獲と不妊・去勢手術 それから里親さがし

14日 視察と状況を尋ねる。いっぱいだわ。
15日からえさやりさんを探すが見当つかず。
    数人の方が買い物がてらにご飯をあたえているようだ。
    頭数を毎日通って把握した。親猫オス 3匹 親猫メス4匹=7頭
    子猫オス・メス=6頭 合計13頭以上(夜になると親猫が増えると聞いた)
21日、22日 子猫5匹確保し1匹は入院 4匹は知り合いのお家に保護した。
    毎日朝9時と夕方4時にえさやりに通い、空いた時間にも通って遊ばせている
    面白いのはゲージを開けて部屋を出ると、これ幸いといたずらのし放題。部屋に入ってみると・・・よじ登ってびっくり眼で固まる。カーテンの陰でひっそり。トイレを掘りまくりっ。水はひっくり返して・・あ あっやっぱりテレビで見た「飼い主が出かけると、ネコはどう行動するか。」の画像と一緒であった。

ともあれ、病院で治療していただいた目が治ったらポスターを作って「里親になってください!」活動ですね。
親猫は2匹づつ捕獲して(メスを最初に)病院で避妊手術の計画です。
同時に会長に店側への「要望書」を作成していただきました。

運が良かったのか「私達は偶然のめぐり合わせだったね。」という方に巡り合えた事です。ネコ達がめぐり合わせてくれて私達に託したのかもしれません。それから、お店側の従業員さんもお客さんも皆さんが理解を示してくれた方ばかりだった事でしょうか。
1日、ぐったりと疲れる日々が続きますが、「頑張ろう。」と励ましあいました。

   

[PR]
by neko3939h | 2014-09-22 22:51 |  What’s New

里親募集中

b0344486_15503613.jpg
b0344486_12164485.jpg
それぞれ、3か月すぎの子猫です。
里親になってみようかと思われた方はご連絡ください。
詳細をお伝えしたいと思います。
よろしく お願いいたします。(決して、営業目的の応募はご遠慮くださいね。)
b0344486_12160839.jpg
b0344486_12162818.jpg
b0344486_12165943.jpg
b0344486_12172741.jpg
b0344486_12175551.jpg

[PR]
by neko3939h | 2014-09-15 12:24 | 里親募集中

しみちゃん

もとはといえば地域ねこが集まる公園に置き去りにされ、野良生活をしていたネコちゃんでした。エサやりさんが小さくて可愛いかったので、団地に連れ帰り里親を探していたのですが、なかなか見つからなく生後5か月になりました。不妊手術もして耳カットを入れられ、また公園に返そうか迷われていた時、公園や病院で里親探しから声掛けの里親大作戦後、ネットサイト「ペットのおうち」を見た方から里親さんのメールが来ました。先住ネコちゃんが居るのでトライアル希望でしたが、どんなに嬉しかったか・・・。
さて、受け渡し日、保護者の団地を訪ねるとゲージの中に逃げ込んで出てきません。やっと、ゲージごと車に乗せ待ち合わせ場所へ向かいました。
2月も寒くて青空が広がる中、可愛い御嬢さんが近づいてくる。
「まさかね あの子じゃないよね。」と夫婦で話していると・・どんどん車に近づいてくるではないか。
ああ、セーラームーンみたいな人が・・このネコの運命の人になったのです。毛糸の手袋をつけた小さな手で「ネコちゃん」と話しかけてくれたのがとても印象的でした。

ところが、貰われてもゲージから出てこない。でも、「私は諦めない。頑張る」と言ってくれた里親さん。ネコの事をすべて把握してくれて、すごくしっかりした御嬢さんでした。
ある日、ネコちゃんが逃げたと電話が来ました。「私の責任です。」とおっしゃいます。そんなに遠くには行っていないから諦めないでとアドバイスを。探して探しても見つからず諦めかけていた時に、何処から鈴の音がすると・・
なんと、御勝手の配管点検口から床下に逃げ込んでいたのでした。
それから、しばらくして「すり寄ってきました。」「お腹をみせてくれました。」そして、初めて「鳴いたんですよ。」と聞いた時は・・・あの臆病のネコちゃんが、1度も「にゃーぉん」と鳴かなかったネコが・・私も感動して泣けました。

おねだりして鳴いたんだね。 本当に里親さんありがとう。

その後、私達もしみちゃんの柄は珍種で猫カレンダーに登場しているのを知りました。「しみちゃん」ぴったりの名前を付けてもらい、先住ネコちゃんとも仲良くなり、ご夫婦となられる若いお二人に可愛がられている。
ここに至るまで、大変な努力で慣れさせ、先住ネコとの関係も作っていただいた里親さんに感謝を申し上げます。
これはまさしく「幸せなネコの物語」だと思います。
b0344486_15514375.jpg
b0344486_15515962.jpg
大きくなったね。「しみちゃん」

[PR]
by neko3939h | 2014-09-14 17:00 | 不思議なネコのお話

地域ねこを取材 9.14

9月13日は定例会でした。
出席の会員の方が、ずぶ濡れになりひん死状態の1匹の子猫を保護されました。そのあたりにはたくさんのネコ達がどこからともなく現れるという状況も見られ、相談にこられました。
さっそく、14日9時頃、会長さんと3名で様子を伺いに出かけたのですが・・・
驚きました。お腹を空かせたネコが次々と現れました。

オス 2匹 メス 3匹 3,4か月の子猫が5匹 与えたエサがあっと言う間に無くなるほどお腹空いていたんだね。
警備員さんに伺い、お店の駐車場外だったので受付にお願いして、担当者の方に現状等のお話を伺った。お店側は好意的な印象で、地域ねこ活動に理解を示していただけたようだが、問題は山づみである。
数名のエサやりさんがいらっしゃる。
駐車場あたりなので車の出入りに危険であるし、苦情も寄せられているので、置きエサを見つけたら即座に撤去しエサやり禁止の警告もされていた。ネコ達は運が良ければエサにありつける現状のようである。保健所にも相談に行かれたようだ。3年前から減っては増え、また減っては増えで今日確認したのは10匹。
まずは・・エサやりさんにコンタクトを取らなければ、先に進めない。
そして、1番は早急にネコ達が過ごせる良い環境を作ってあげなければいけないと痛感し、後日 エサやりさんに会う事とした。
b0344486_15501740.jpg
b0344486_15511161.jpg
b0344486_15503613.jpg

黒と2匹のネコはまだ子猫で、里親さんを見つけてあげたい。






[PR]
by neko3939h | 2014-09-14 15:54 |  What’s New

地域ねこを取材 9.12

東京湾沿いに緑の芝生とウォーキングロードが続いていました。ここは海浜公園。
「お姉さま2人がネコにエサをあげているのをよく見かける。」「なんかネコの数が増えているような・・」と聞いたので、朝8時に出かけてみました。
長い距離を歩いて、見かけたのは3匹で、ゴミを拾い集めているお姉さんに伺ったら「おじさんが7時過ぎに出かけてきてエサやりしてますよ。」との事。少し遅かった。
綺麗なネコさん3匹、とてもよく慣れていて可愛いが岸壁の日陰にいるネコは、お腹が少し大きかった。こんなネコちゃんを見ると連れて帰りたくなってしまう。この子の2か月後を思うと辛くなる。
この先の建物あたりでおじさんが現れるので、また後日出直してみよう。
b0344486_21120448.jpg
b0344486_21111675.jpg
b0344486_21114790.jpg
優しいおじさんが居て良かったね。



[PR]
by neko3939h | 2014-09-12 21:36 |  What’s New

地域ねこを取材 9.5

朝9時前になると何処からともなくねこが現れる。朝のエサやりさんは20年以上と伺った。ねこ好きではあるが、「ねこだって人間同様に生きる権利がある。同じ命だもの。」と・・。いろんなドラマがあったと思います。
たんたんと3か所でエサやりをし、かたづけと目についたゴミを集めていらっしゃる。「僕の健康はこの子達のおかげですよ。」と控えめに話されたが、この長きにわたるエサ代は想像もつかないであろう。

ソックスととらお (いろんな人に可愛がっていただいてます。)
b0344486_14032561.jpg
2年前には15匹くらいが入れ替わり過ごしていたと思います。2年前から減り始めて現在は、5匹となった。不妊去勢手術はすべて終わっていたのであるが、老衰・近くの道路に飛び出して事故死・病気・近くの畑でモグラ駆除剤を食べたのか不審死もあった。JRへの近道で通りすがる人も散歩の人も多く見かける。人に慣れ可愛がられていたねこ2匹はそれぞれに里親さんも見つかっていたと聞いた。お昼にも時々はエサやりさんが来られる。夕方も毎日出かけて来ていただいているエサやりさんもいらっしゃる。


13歳と高齢ですが甘えん坊さんのトラ吉
b0344486_14022960.jpg

微笑ましいのは、優しい言葉と共にねこ達に接してくれている人達の多いことだと思う。この場所にいる「地域ねこ」は幸せなんだと思う。

       白蓮が夏からに咲いていました。(鎌倉の池にあるのと同じかな)
b0344486_14023758.jpg
      徳川家康が鷹狩の折に見たという「藤の花」が春には咲きます。
      樹齢400年以上か。
b0344486_14025950.jpg

昨年2013年7月 この公園に3匹子猫が捨てられていました。1匹はカラスに襲われ、1匹は2日間公園をさまよい、1匹は「大沢家の管理人さん」に保護されました。巡り巡って私の処にたどりつき生き延びた子猫2匹は、素敵な里親さんが見つかりました。ねこを捨てることは犯罪です。まして、死が目前にせまっているような公園に捨てること自体も、人間の自分だけ良かったらいいというようないいかげんな判断も、して欲しくない。努力してくださいと言いたい。

眼も開かなく衰弱しきった子猫の「ひな子」は今では一家のお姫様になっていました。(里親さん あ・り・が・と・う)

b0344486_14035224.jpg


b0344486_14040085.jpg



[PR]
by neko3939h | 2014-09-05 15:03 |  What’s New

初めまして、猫が大好きな作家 まーくです。

b0344486_11552044.jpg
石屋まーく と申します。

私は某社のケータイサイトのコンテンツライターをしていたことがあります。

昔、祖母に聞いた怪談話をとても面白いと感じて育ちました。私はおばあちゃん子でもありました。少しの間、幼時期の記憶をもとに、主に怪談や不思議なお話を書いておりました。習志野に ねこを守る会 ができたと聞きまして、不定期ではありますが、猫や動物たちにまつわるお話を書かせていただこうかと思い投稿いたしました。

よろしくお願いいたします。


今夜は、主人に 死を知らせたネコのお話

老夫婦が一匹のオスの老猫、ペック(アメショー)を飼っていました。たいそう可愛がっていたのですが、他人が触ろうとすると引っ掻いて大出血するくらい怪我をさせる凶暴なところもありました。おじいさんとおばあさんの言うことはよく聞きました。



ある日おじいさんが重い病気にかかり、電車で一時間以上もかかる病院に入院することとなり、おばあさんも付き添う必要が出てきました。当然エサやりが思うようにできなくなります。ペックもかなり年取ってはいましたが、まだまだ元気でした。それが、おじいさんの病気発覚とともに衰弱しはじめ、いよいよ入院しなければならないと決まったある晩のこと、二人が台所で食事していると、茶の間にいたペックが、ニャーと鳴いたそうです。「なんじょしたや(どうしたの)、ペック?」とおばあさんが見に行くと、目を覚まして寝床から出て、ヨタヨタ台所まで来てから、ニャーニャーと二声鳴いたそうです。その後寝床に戻り、知らない間に亡くなっていたということでした。

猫が飼い主の苦境を救う話はよくありますが、ペックは特別な思いがあった猫で、先に白血病で亡くなった孫娘が飼っていたもので、二人はペックが死んでとても落胆したとのことでした。ただ、ペックが二人の足手まといにならぬようにと、亡くなった孫娘に諭されて旅立っていったのではないか、と聞いて、涙がこぼれてしまいました。


[PR]
by neko3939h | 2014-08-14 20:48 | 不思議なネコのお話

2014年8月13日開設しました。

飼い主のいない猫を減らしたい。
殺処分ゼロをめざしたい。

そんな思いで、ねこを守る会習志野ハッピーは2013年に発足しました。
そして、飼い主のいない猫との共生
猫にも命があるという考えに立ち、地域住民の皆さんの合意の下、地域で猫を適正に管理しながら・・・共に暮らしてゆく・・・

地域住民の方とボランテイアと行政の三者協働の取り組みをめざしています。


H16年頃の殺処分は39万頭でしたが、H24年16万頭と減ってきています。それは全国の地域ねこ活動に携わっていらっしゃる方々のTNRの普及や、里親となり動物の命をつないでいただいた方々の努力によるものだと思います。まだまだゼロまでの道程は遠いのですが、習志野市でも市民活動ボランテイァが環境問題の一環として、この地域ねこ活動を頑張っています。

地域に猫が居ついた原因は、引っ越し等で置いていかれた・別の地域から流れて来た・ゴミがあるからエサを求めてきた・などですが、人間が野良猫(飼い主のいない猫)を増やしたのです。人間側に原因があるのなら人間が責任を持って解決していかなくてはいけないのではないでしょうか。
もう1つ、エサを与えるから地域に猫が集まったのではなく、猫はエサを与えないと生きていかれないのです。「動物の愛護及び管理に関する法律」で守られています。

進めよう!TNR活動
野良猫の不妊去勢手術と共生の活動です。

TNRとは・・T トラップ 捕獲
       N ニューター 手術
       R リターン 元の場所に戻す
これ以上、不幸な野良猫を増やさないための不妊去勢手術が済んだ印として、猫の耳にV字のカットを入れます。
b0344486_16400326.jpg






[PR]
by neko3939h | 2014-08-13 13:40 |  What’s New

千葉県習志野市 人と動物が幸せに共生できる社会をめざして


by neko3939h
プロフィールを見る
画像一覧