タグ:TNR ( 191 ) タグの人気記事

どうぶつ基金さま

公益財団法人 どうぶつ基金さんは、さくらねこTNRで殺処分ゼロをめざしている団体さんです。
私達 「まちねこ習志野」は協働で、どうぶつ基金さまの趣旨のもとにTNR活動を推進しています。
今期もさくらねこTNR無料チケットをいただきました。有難うございます!

不妊去勢手術が済んださくらねこは、耳先が花びらのようにVカットされています。「さくら耳」といいます。

さくらねこを見かけた時には、このねこの後ろにはこの子を慈しみ、
懸命になって世話をしている人達がいるのだと考えてください。
どうぶつ基金さまも、共感の輪が広がっていく事を信じて私達の活動を後押ししてくれています。
下記にリンクしています。




この子は、5匹の兄弟の1匹。
さくら耳にした後、里親さんの元へ 幸せになりました。
3月22日は・・「さくら耳」の日です。
b0344486_09241759.jpg
b0344486_09235649.jpg



by neko3939h | 2019-03-18 09:21 |  What’s New

人と動物の共存のために

先週は4か所のTNR活動に出かけていました。どの地域にもいました お腹の大きい子です。
この子は毎年3回 どこかで産んでは個人のお庭に戻ってきたようです。
産むストレスもたくさんあったでしょうね。

b0344486_21000795.jpg
手術後、元気な姿を見せていました。
人の姿を見たら逃げ出していたのですが、穏やかに近づいているような 日向ぼっこしているような・・
秋に生まれた子と健やかに過ごしてほしいです。

産ませない事の選択は人の勝手な方法ではありますが、
ねこだらけになる地域では人と動物との共存する社会はありません。



by neko3939h | 2019-03-03 21:29 | 地域ねこTNR活動

2.22 ねこの日

最近 やっとです「TNR」が拡散してきました。
人とねことの共存にはこの活動が最適だと認識してきました。

参考に・・下記へリンク



by neko3939h | 2019-02-22 09:20 |  What’s New

t2地域の活動です。
ねこに関して詳細の相談を受けている場所です。こちらの地域は町会も協力的で手術費は捻出していただけるそうですが、TNRに関しては男性の方が1人で1匹づつこつこつとしています。
しかし、問題発覚・・・
最初は13匹が目標だったはず・・が、暗くなるとやはり現れました 見たことのないねこが1匹・2匹・3匹と。まあ、そんなものですが、挫折しないで最後の1匹までTNRをやって欲しいのです。
メスを捕まえた時点で一度中断し、計画の見直しです。


TNR活動には朝夕の調査が必要です。頭数把握は必須です
お天気が良い 日中にはくつろいでいる姿も見かけるので、朝夕に出てくるねこ顔は覚えられます。

b0344486_10255091.jpg





by neko3939h | 2019-02-15 10:28 | 地域ねこTNR活動

つながり

14日 「ねこけん 千葉支部」(千葉県市原市)にお邪魔しました。

ねこけんさんは都内練馬区から千葉にも、不幸なねこ達を救いたいとの思いで千葉に支部を作られ、いろいろと組まれています。「譲渡会」も開催されています。




そして、ボランティアで参加されていた「life with cat」(千葉市若葉区高品)さんと知り合えました。
「譲渡会」も開催されています。(こちらは個人ボランティアさんのねこ 予約で対応できるそうです)



by neko3939h | 2019-02-15 09:54 |  What’s New

迷いねこ 2匹


下記2匹は・・迷いねこです心あたりがありましたら見つけてあげてください。

谷津あたりに生息 まだ1歳未満か、鈴のついた首輪をしています。

もう1匹は津田沼3丁目で保護している迷いねこさん メスで不妊手術済だったそうです。1歳すぎ

説明: C:\Users\富樫メイ\Documents\posu2102.jpg

説明: C:\Users\富樫メイ\Documents\posu2101.jpg

        谷津にいます。                  津田沼にいます。


問い合わせは・・・me1574ma@yahoo.co.jp

by neko3939h | 2019-02-10 14:45 |  What’s New

子猫5匹のねこ物語

t地域をTNR活動中にたどりついた場所は・・・詳細を書いてしまうとまた、保健所から電話が来るでしょうから詳しくは書けません。(何故か ブログの記事に嘘は書いていませんが、詳細を書くと気に入らない読者??がいらっしゃるようです。)

しかし、
通りすがりの方にフードはもらっているものの(たっぷり)子猫はすでに生後5,6か月 目はぐしゃぐしゃで風邪ひき、メンバーの一人はねこに対する思いが私の5倍はあるかな。結局「心が痛む・・涙」と2人で捕まえて病院へ。
2匹はすでに保護しているので里親募集しています。
3匹も風邪が治れば慣らして募集を。
会でできること・・里親さんを見つけてあげること!


目が少し風邪ぎみですが、君?は可愛い柄をしている 頭におリボンつけているね。
b0344486_12492137.jpg
近くのお店のマスターはねこ思いの優しい方でした。
寒くないように子猫にお部屋を作ってくれていました。だからね。
5匹とも生きていたんだ。
私達がたどり着いたのも運命なのかもしれない。
JR快速下りから見下ろせるお店  まちかど酒場「ティプシー」 2匹の黒猫が物語る素敵かな。
b0344486_12493865.jpg




by neko3939h | 2019-02-10 13:00 | 地域ねこTNR活動

殺処分数全国ワースト2位の和歌山県の取り組みです。
2016年からはじめた取り組みは2019年になってもワースト2位
あらたにノラねこの不妊去勢手術体制を整えるようです。「ふるさと納税」を利用して殺処分ゼロをめざす。



しかし、行政関係のノラねこの数が減ってもと思うのです。
まさに、最後に書かれているように外にいる不幸な命も増やさない事が必要なのです。
ノラねこのTNR活動につきると思いませんか・・・


習志野市では・・
会顧問である 佐野正人市議会議員が、環境部へ私たちの要望を橋渡ししてくれています。
市環境部が、個人対応で不妊手術費助成金を出してくれています。(現 オス4,000円、メス8,000円)
この個人対応が他市と違うところです。
手術していないノラねこを見つけたらすぐにTNRを、生息する全てをTNRする。その考えであればこれ以上は増えないでしょう。
「地域猫活動」にはいろんな制約があります。地域の合意のもとで、地域で管理していく必要があるようですよ。



by neko3939h | 2019-02-10 12:23 | 地域ねこTNR活動

飼い猫も手術してね

sh地域のTNR活動です。
三毛が2匹 待ったなしのねこなので、通って通って3匹をようやくTNRしました。
1度ちびたんの時に捕獲されていたので警戒心が強い。

その間に飼い猫らしきオスが2匹 1匹は飼い猫とわかるくらいにおとなしかったのですが、ちびたん達のご飯を
毎日たいらげに来る。首輪もしてないしでかい。
外に出すならせめて去勢手術をしてください。
・・オスだから大丈夫?いえいえ ここのメスねらって来てますから。
強制的に去勢手術しリターンしました。
会では、捕獲前に飼い猫の首輪装着をお願いしています。(数日調査し、外に出している飼い猫は1匹でした)


もう1匹の飼い猫らしきは、まさにフォレストキャットのように洋種で持ち上げたらひっくり返しそうなくらいにでかい。トラブルの元なのでそのまま離しました。
  君は2回も捕獲器に入るのか!

1匹のメスが・・・1年後には20匹、2年後には80匹、3年後には数えきれないくらい。
子ねこは、生後6か月もなると産みます。それも年に4回発情し3回産みます。1回に4匹以上も産んだら・・・
上記の数になってしまいます。
外猫が産む子猫は育たない数が多いので??と思うのですが、2、3年後には平均38匹の数が地域に増えていると推測されています。
メスねこの不妊手術、オスねこの去勢手術の必要性がわかると思います。


まだ1歳未満 いつも・・捕まえてごめんねの気持ちでいます。
数日すれば、穏やかになりどの子もご飯を食べにきています。
b0344486_10010053.jpg
173.pngこの子・・妊娠していました・・先生に申し訳なかったです137.png




by neko3939h | 2019-02-05 10:05 | 地域ねこTNR活動

t地域のTNR活動は、13匹TNRし子猫2匹を里親に出して一応終息です。
この場所は、エサやりさんがなかなか見つからない場所でしたが、メンバーが寒い中 何度も足を運び見つけてくれ、おおかたの頭数も把握してくれました。習志野市1町会と船橋市1町会にまたがっていたので寄付金も少なく、エサやりさんの協力も得られず、会の積み立て寄付金でTNRをおこないました。
その中でも、耳カットしてくれた子が現れたり、最後のメスを捕獲してくれたりと、TNR活動の意味をご理解していただけたようで無意味な活動ではありませんでした。残された子達が地域で可愛がって生き延びてくれることを祈っています。
b0344486_14444260.jpg
みんな 耳カットしました!

さて、もう1か所 2月になり再度TNRを予定していた場所があります。
捨てられた子猫を親が連れ帰ったという再度の捕獲が難しい場所でしたが、エサやりさんが急死されました。
聞いたのは10日も経った日で、急いで見に行くとまだ、猫達3匹は生きていました。
ご家族に残りのえさはやっていただくようにお願いし、その内に対策を・・・考えていますが。
今日も見に出かけると、三毛親いました。しかし、よく見ると太っているというよりお腹大きいし。
b0344486_14460954.jpg
猫達にとっては住みやすい場所ですが、究極のエサがもらえない環境は辛すぎる。
食べられる時に食べておこう 3皿食べました。
b0344486_14452932.jpg

とりあえず TNRしなくては。



by neko3939h | 2019-01-24 14:58 | 地域ねこTNR活動